世界の温泉の半分がここにある?世界遺産第1号、アメリカ・イエローストーン国立公園

イエローストーン国立公園はアメリカ北西部に位置します。未来永劫残していきたい古代の原風景が広がっていることと、貴重な生態系が残っていることで世界初の国立公園として、また世界遺産第1号として指定されました。約9000㎢、ざっくりいうと四国の半分ほどの大きさがあり、ガイザーカントリー、マンモスカントリー、ルーズベルトカントリー、キャニオンカントリー、レイクカントリーという5つのエリアがあります。今回はそんなイエローストーン国立公園をご紹介します。

■イエローストーン国立公園
住所
P.O. Box 168 Yellowstone National Park, WY 82190-0168
営業時間
季節、場所によって異なる
入場料
大人/15ドル
15歳以下/無料
個人用乗用車で入場の場合/30ドル(1台あたりで徴収)
定休日
季節、場所によって異なる
電話番号
+1 307-344-7381

まず押さえたいのは、間欠泉のオールドフェイスフルガイザー

オールドフェイスフルガイザー

火山活動がとても活発なイエローストーン国立公園。地球上の温泉(源泉)の半分、そして間欠泉の3分の2がこの国立公園に集中しています。なかでも1番有名な間欠泉がオールドフェイスフルガイザー。約90分間隔で平均40メートルの高さまで熱水を噴き上げ、1回あたりで噴き上げる水量は最大3万2000リットルとのこと。噴出予想時間は近くのビジターセンター(Old Faithful Visitor Education Center)に表示されるので、着いたらまずチェック。ビジターセンターには間欠泉に関する展示があり、レストランやお土産屋さんも充実しているのであっという間に次の噴出時間になるでしょう。

■Old Faithful Visitor Education Center 
住所
 View Avenue, Yellowstone National Park, WY 82190
営業時間
4/20~5/25|9:00~18:00
5/26~9/30|8:00~20:00
10/1~11/5|9:00~17:00
定休日
5月下旬から10月上旬までは無休
電話番号
+1 307-344-2751

虹色が目をひきつけるグランド・プリズマティック・スプリング

グランド・プリズマティック・スプリング

グランド・プリズマティック・スプリングは70℃の熱水が毎分2100リットル湧き出している熱水泉とよばれる湖で、直径80~90メートル、深さ約50メートル。熱水泉として世界第3位の大きさを誇ります。このカラフルな色はバクテリアによるもの。種類によって生息しやすい水温が違うためにこのような色になりますが、真ん中は高温すぎてバクテリアも生息できないので、青色となっています。近くにあるピクチャーヒルという丘に登ると湖全体を見ることができますよ。

■グランド・プリズマティック・スプリング

自然が作ったデコレーションケーキ?マンモス・ホット・スプリングス

マンモス・ホット・スプリングス

流れ出る温泉の石灰分が長い年月をかけて蓄積され、白く固まったのがマンモス・ホット・スプリングスです。その形はさながらデコレーションケーキが連なっているよう。場所によっては温泉が滝のように流れているところもありますので、探してみてくださいね。今でも毎日大量のミネラル分が蓄積されているので形は日々変わっています。運が良ければ、エルク(大鹿)が温泉水を蹴って、体にかける姿を見ることができるかもしれません。

■マンモス・ホット・スプリングス

野生動物の宝庫!

イエローストーン国立公園のエルク
Photo on Visualhunt

これだけ自然豊かな公園なので、当然野生動物もたくさん生息しています。確認されているだけでバイソンやバッファロー、オオカミなど67種類。特にバッファローは1万頭近く生息して、群れが走り出すと地響きがするほどの迫力です。

イエローストーン国立公園への行き方 

広大な敷地面積を誇る公園なのでエントランス(出入り口)は全部で5つありますが、国内便乗り入れの多いジャクソンホール空港からサウスエントランスを目指すのが一般的です。車でなら約1時間半で行けるのでレンタカーがあれば比較的アクセスしやすいですが、免許がなかったり自信がなければツアーを利用するのがいいでしょう。
このダイナミックな景色、一生に一度は目にしたいところ。ぜひこの絶景を見にいってみてください!

※情報は記事公開日時点のものになります。