木の温もりにつつまれる遊び場「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」に行こう!

日本最大級のネット遊具をはじめとした、楽しさいっぱいの大型屋内施設「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」が、3月13日に京王線多摩動物公園駅前にオープンしました。「京王あそびの森 ハグハグ」「京王れーるランド」「多摩動物公園」が集まった多摩動物公園駅エリア「キッズパークたまどう」は、街全体が大きな遊びの公園に!親子で1日楽しめるようになりました。

写真はオープンに先駆けて行われた内覧会のものになります。

京王あそびの森 ハグハグってどんなところ?

日本最大級のネット遊具「ハグハグの木」
日本最大級のネット遊具「ハグハグの木」

京王あそびの森 ハグハグは、「木育」「体育」「知育」をテーマにした7つのコンテンツが楽しめる国内では有数の大型屋内施設。中でもネット遊具「ハグハグの木」の大きさは日本最大級。高さ約12m、幅は約15mという大きさです!4階層のネットの中には雲のチューブやバランスボールなどの遊具があり、空中で遊んでいるかのよう!

体育スペース「もりのあそびば」
体育スペース「もりのあそびば」

体育スペースの「もりのあそびば(屋内)」と「ぼうけんのもり(屋外)」は、約45,000個のボールに埋もれて遊べる巨大ボールプールや、多摩産の木で作られた滑り台がなどの大型遊具など全身を使って遊べるスペース。屋内なので、雨の日でもここなら目一杯体を動かせます!

ミニSL「ハグハグトレイン」
ミニSL「ハグハグトレイン」

全周約200m、館内2階をぐるりと走るミニSL「ハグハグトレイン」。鉄橋やトンネル、光と音の演出など子どもの好奇心をくすぐるシーンが次々に登場。乗車中のお子さまを撮影できるフォトスポットが用意されているのも嬉しいですね!

木育スペース「きりかぶハウス」
木育スペース「きりかぶハウス」

多摩産のスギやヒノキを使用した遊び場「きりかぶハウス」や乳児専用の「はいはいパーク」では、木のやさしい感触に触れながら遊べるなど、森の中を探検するように、多彩な遊びが待っています。

ハグハグカフェ
食事はハグハグカフェで。

食事は2Fのハグハグカフェで。かわいらしい見た目で食べやすいメニューが並びます。小上がり席や個室、キッズスペースなどが完備されていて、乳児連れのランチやママ会、お子さまのお誕生日会にも◎。カフェのみの利用では、入館料が不要だそうです。
併設されているハグハグショップには「ハグーと仲間たち」のオリジナルグッズなど、ここでしか買えないお土産が充実!今度のお休みは「京王あそびの森 ハグハグ」に出かけてみるのはいかがですか?

京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)
■京王あそびの森 ハグハグ
住所
東京都日野市程久保3丁目36番60京王線多摩動物公園駅下車すぐ(京王線高幡不動駅乗り換え)
定休日
水曜日・年末年始(12月29日~翌年1月1日)
※水曜日が祝日の場合は翌日(開業翌日の3月14日(水)は臨時営業)
※上記にかかわらず、ショップは多摩動物公園の開園日に営業します。
入館料
大人(中学生以上)700円/1日
子ども(小学生以下)600円/30分(以降200円/15分)※1
平日1日フリーパス1,400円(子どものみ)※2
※1 6ヶ月未満のお子様は無料。
※2 混雑時は状況に応じて販売を制限する場合があります。特定期間を除いた、平日のみの販売となります。
営業時間
遊戯施設 9:30~17:30(最終入館17:00)
カフェ 10:00~17:30(L.O.17:00)
ショップ 9:00~18:00
※カフェは、一部の繁忙日に夜間営業を行います。
※カフェ・ショップのみの利用(入館料不要)もできます。
※情報は記事公開日時点のものになります。