見どころ盛りだくさん!スペインにあるオレンジで有名な街「バレンシア」ってどんなところ?

バレンシアはマドリッド、バルセロナに次ぐスペイン第3の都市です。特産品のオレンジやパエリアの発祥地としてよく知られているほか、素敵な観光スポットも多く旅行先として魅力的な街です。地中海性気候に属し年間を通して温暖で雨も少ないことから、どの時期でも観光しやすいのが嬉しいポイント。また大きな都市でありながらどこかのんびりとした空気が流れ、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。今回はそんなバレンシアの見どころをいくつかご紹介していきます。

いくつもの建築様式が混ざった珍しい建物「バレンシア大聖堂」

カテドラル

旧市街の中心エリアにあるバレンシア大聖堂は、13世紀半ばから100年以上もの時間をかけて建設され、その後改築も行われてきました。その間の建築様式の移り変わりに影響され、建物には、ゴシック、ロマネスク、ルネサンス、バロック、ネオ・クラシックと5つの様式が取り入れられています。それぞれの建築スタイルの違いを見比べながら見学してみるとおもしろそうですね。
また、この大聖堂を有名にしている理由の一つとして、キリストの最後の晩餐に使われた聖杯が保存されているということが挙げられます。そういった言い伝えは世界各地の教会にいくつもあるそうなのですが、専門家の調査によるとバレンシア大聖堂の聖杯が本物である可能性が非常に高いとのこと。これは一見の価値ありですね!
時間に余裕のある方は大聖堂の隣にあるミゲレテの塔に登ってみてください。そこから見渡すバレンシアの街並みはとてもフォトジェニックです。

■バレンシア大聖堂
住所
 Plaça de l’Almoina, s/n, 46003 València
営業時間
季節・曜日により異なるためHPで要確認
電話番号
+34 96 391 8127

SF映画に出てきそうな外観「芸術科学都市」

芸術科学都市 バレンシア

その名前の通り芸術や科学、自然に触れることのできる複合施設があるエリア。科学博物館、プラネタリウム、芸術劇場、海洋博物館などがあり、見どころが盛りだくさん。1日ではまわりきれないほど広いので、事前に興味のあるスポットを下調べしておくことをおすすめします。
また、「21世紀の科学都市」をイメージしてデザインされたという近未来的なデザインの建物にも注目。周囲の歴史的な街並みとはまるで別世界で、SF映画に登場するようなデザイン性の高い建築物が並びます。夜のライトアップもとても綺麗ですよ。

■芸術科学都市

バレンシアのお祭りといえば!「サン・ホセの火祭り」

バレンシアの火祭りの人形

スペイン3大祭りひとつである火祭りは、は世界中から多くの観光客が訪れ賑わいます。毎年3月15~19日に開催され、バレンシアはこの火祭りによって春を迎えます。祭りの期間中、街中には700以上ものボール紙でできた人形が置かれるのですが、中には20m以上の高さにもなる巨大なものも。
数カ月以上かけて作られているものもあるのですが、最終日の夜には投票で1位になった人形以外はすべて焼き尽くされる運命。その光景は迫力満点です。他にも、祭りを盛り上げる毎日の爆竹ショー、音楽隊のパレード、屋台が楽しい夜祭りなど様々なイベントが催されます。

有名画家のコレクションに出会える「バレンシア美術館」

美術館

スペインを代表する画家、エル・グレコやゴヤの作品が展示されている美術館で、なんと入館料は無料!名だたる芸術家たちの作品を無料で鑑賞できるなんてとても贅沢ですよね。アート好きの方はもちろん、そうでなくても気軽に足を運んでみてください。
さらに、青いドームが特徴的なバロック様式の美術館の建物は、景色に映えてとても美しいんですよ。館内の「パティオ」と呼ばれるスペイン式の中庭もお見逃しなく。

■バレンシア美術館
住所
Carrer de Sant Pius V, 9, 46010 València
営業時間
10:00~20:00
定休日
月曜日
電話番号
+34 96 387 0300

過ごしやすい気候で観光地も充実している魅力的な都市・バレンシア。スペイン旅行の際はぜひ観光ルートに加えてみてくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。