淡路島に行ったらここ!絶対に外せない観光スポットをご紹介♪

兵庫県の南部に位置する瀬戸内海最大の島「淡路島」。瀬戸内気候のため一年中温暖で過ごしやすいところ。今回は兵庫県のハワイともいわれる「淡路島」の観光名所、グルメなどをご紹介します♪今度のお休みにきっと行ってみたくなるでしょう。

淡路島ってどこにあるの?アクセス方法は?

淡路島 海岸

淡路島は兵庫県の南部にあり、播磨灘、紀伊水道、大阪湾に囲まれていて、本州からは明石海峡大橋を渡っていくことができます。東京から淡路島への代表的なアクセス方法は、東京駅から新幹線で新神戸へ行き、新神戸から淡路島、大磯・洲本方面行きの高速バスに乗ります。1回の乗り換えで済むためスムーズに行けますよ。車で行く場合、約600km。所要時間は6~7時間ほどかかります。

■淡路島

淡路島を訪れるなら外せない場所はどこ?

絵島

淡路島の北端にある「絵島」は、パワースポットとして人気の場所です。淡路島の中でも景勝地として知られており、夜はライトアップされ幻想的な表情を見せてくれます。

また、瀬戸内海に沈む夕日が美しい「慶野松原海水浴場」も人気の観光スポット。淡路島に行くならこの2箇所は外せない観光名所ですよ♪

■絵島
■慶野松原海水浴場

淡路島のお土産を買うなら何がベスト?

@orange28.kiyoがシェアした投稿

Photo credit: omoon on Visualhunt / CC BY-ND

淡路島のおすすめのお土産は小さなたこを焼いた後フライにした「多幸・たこの唐揚げ」や、淡路の名産品鳴門オレンジの鳴門漬(砂糖漬け)とビターなベルギーチョコレートを合わせた「あわじオレンジスティック」、淡路島を代表する1本1本手作りされた和洋中どんな料理にも合う「あわぢビール」などです。苦味が少なくお米のほのかな香りがする「あわぢ米ビール」は注目のビールです。この中でも得に「あわじオレンジスティック」は、全国菓子博覧会で最優秀賞に輝いた逸品です。淡路島へ行ったら、お土産にこの三つをぜひ忘れず買って帰りましょう♪

この記事は2017年3月20日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。