福井県の歴史観光スポット!鯖街道有数の宿場町「熊川宿」をご紹介

福井県若狭町にある熊川宿(くまがわじゅく)をご存じ?江戸時代に宿場町として栄えた町で、今も古い街並みが残る、レトロで素敵なスポットなんですよ。散策しているだけでタイムスリップしたかのような体験ができちゃうんです!

鯖街道きっての宿場町「熊川宿」

鯖街道石碑

若狭湾を臨む福井県小浜市は、古くから豊富な魚介類が水揚げされることで有名。江戸時代には魚介類の他にも、日本各地からの商品が小浜湾に着き、京都へ運ばれていました。京都への運輸ルートは、取り扱う商品の中で特に鯖が多かったことから、いつしか「鯖街道」と呼ばれるようになったそう。
街道沿いにはたくさんの宿場町ができ、そのなかでも特に賑わいをみせたのが「熊川宿」です。当時の記録によると、最盛期には1日に1,000頭の牛馬が行き交ったと言われているんですよ。

江戸時代の街並みを体感♪

熊川宿

歴史ある熊川宿の一番の魅力は、なんと言っても趣のある街並み!国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されていて、江戸時代から現存する番所や町屋を見学できます。メインの通りは約1kmに渡り、両側には瓦屋根や格子窓のついた建物が並びます。現在は、資料館や土産店などになっている建物もあるので、散策にはピッタリですよ♪当時の様子を想像しながら、巡ってみるのも楽しそうですね。

@racluckがシェアした投稿

また、熊川宿の景観に欠かせないのが、街道沿いに流れる「前川」です。「平成の名水百選」に選ばれている綺麗な川で、用水路として使われているんです。所々に芋を中に入れて洗う「芋車」が置かれていて、クルクルと回っている風景は、なんとも趣があって素敵。この川の水は、夏は打ち水、冬は融雪に利用されているんですよ。昔の人々の暮らしの片鱗がうかがえるのも、熊川宿ならではですね。

緑あふれる涼を感じる癒しスポット「瓜割の滝」

瓜割の滝

熊川宿を満喫した後は、約6km離れた場所にある「瓜割の滝」へぜひ立ち寄ってみてください♪若狭瓜割名水公園の敷地内にあり、緑に囲まれて癒しのひと時を過ごすことができますよ。滝の名前は瓜も割れるほどに冷たいことに由来していて、水質が良く全国の名水百選に選ばれています。夏でも涼しく過ごせるので、これからの時期にピッタリですね。

anriさん(@a_photogram)がシェアした投稿

園内にはサクラやモミジの木などが植えられていて、四季ごとに美しい風景を見せてくれます。6月中旬には1万株のアジサイが見頃となり、色とりどりの花に出会えますよ。滝に癒されつつ、季節の花々や庭園の観賞を楽しんでくださいね♪

江戸時代の街並みを今に残す熊川宿。歴史好きな方はもちろん、風光明媚な景色を堪能するにはピッタリの場所です。周辺の観光スポットも巡りつつ、ぜひゆったりとした時間を過ごしに行ってみてくださいね!

■鯖街道熊川宿
住所
福井県三方上中郡若狭町熊川若狭町熊川
電話番号
0770-62-2711(若狭町歴史文化課)
■若狭瓜割名水公園 瓜割の滝
住所
福井県三方上中郡若狭町天徳寺若狭町天徳寺37-1-3
電話番号
0770-62-0186(名水の里)
入園料
無料
※情報は記事公開日時点のものになります。