• 2018.5.17更新
  • Akane

タイ・チェンマイの週末の朝はここで決まり!食材から雑貨までそろう大市場「JJマーケット」をレポートします!

タイ北部の町チェンマイは、旧ランナー王朝の首都という歴史的背景から文化的な趣向が強く、ナチュラルな物を好む自然派の人が多く住むことで有名です。そんな人達の間で、安全な生鮮食品、お惣菜、手作りの日用品雑貨などが手に入る市場として知られているのが「JJマーケット」です!広い敷地内は屋外と屋内に分かれ、農家直送の新鮮野菜、オーガニック食材、職人の手によるハンドメイド雑貨や服、朝ごはんやコーヒーなどのフード屋台が所狭しと並びます。週末の晴れた日にはバンドの生演奏もあり、市場の雰囲気は最高潮に!活気がありながらもどこかゆるくてリラックスできる雰囲気は、チェンマイという街を象徴しています。市民たちの何気ない週末の雰囲気を体感できる、まだ観光地化されていないこの市場をご紹介します。

新鮮食材やタイのお惣菜が並ぶファーマーズマーケット

ファーマーズマーケット
撮影:Akane

屋根付きの広いファーマーズマーケットエリアでは、数多くの農家・生産者達が野菜、果物、お惣菜、お菓子、お米、パンなどのさまざまな品を販売しています!日本では見かけない食材やタイのお惣菜は見ているだけでも楽しいですが、気になるものがあれば試食もさせてもらえるので聞いてみてくださいね。屋内の小さな販売エリアはオーガニック食材専用になっていて、政府認定の野菜、果物、コーヒーなどが購入できます。他の食材と比べるとお値段は少し高めですが、生産者の労力とケミカルフリーを考えるとお値段相応の価値があるというもの。写真のお花は見た目を鮮やかにし食欲を刺激するだけじゃない食べられるお花!ちょっとしたパーティーなどに利用できそうですね。

手作り雑貨やフード屋台などが並ぶ開放的な屋外エリア

手作り雑貨の屋台
撮影:Akane

市場で購入できるのは食材だけではありません!大きな屋外エリアでは、日用品、生活雑貨や服、また朝ごはん、挽きたてコーヒー、フレッシュジュースなどを販売する屋台が所狭しと並びます。チェンマイ近郊の山岳民族の刺繍をあしらった衣服、若いローカルアーティストの手によるハンドメイドの民芸品など、ここでしか買えない雑貨にたくさん出会えますよ!フード屋台は地元のタイ料理、ケーキやマフィンなどのスィーツ系、または揚げ物などのスナック系など幅広いラインナップ。お店の脇には食事用のテーブルや椅子、くつろげるソファなどがたくさん用意されているので、購入した物を片手にゆっくり過ごす事ができますよ。

ベストは日曜日の午前中!

フード屋台
撮影:Akane

朝の6時頃をめどに多くのお店が営業を始めますが、すでに7~8時ごろには地元の人達で大賑わいになります!車で行く場合は、早めに行って駐車場を確保することをオススメします。また、土・日の開催日のうち、市場が最も賑わいを見せるのは日曜日の朝です。土曜日は屋外の雑貨市場が営業していないこともあり、イマイチ盛り上がりに欠けるため、JJマーケットの醍醐味を体感したいのなら日曜日に行きましょう!

JJマーケットへのアクセス方法

JJマーケットの様子
撮影:Akane

JJマーケットは、チェンマイの主な観光の中心地である旧市街から北東にあります。旧市街を囲むように流れるお堀の北東角部分の交差点で、北に伸びるアサダートン通りを直進し1.3km、徒歩15分ほど進むと右手に「JJ」という大きな看板が見えてくるので、その看板をくぐり奥に進むと市場にたどり着きます。滞在先から遠い場合、受付にてタクシーを手配してもらうか、チェンマイ市内のいたる所に走っている赤い色の乗り合いタクシー「ソンテウ」を利用しましょう!ただし、この方法だと帰りのソンテウが見つからない場合もあるので、心配であればソンテウ運転手に市場から戻ってくるまで待っていてくれるか聞いてみましょう。

■JJマーケット(Jing Jai Market)
住所
Soi Pa Tan, Thesaban Nakhon Chiang Mai, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50300, Thailand
営業時間
(ファーマーズマーケット)土・日曜日/6:00~13:00、(雑貨市場)日曜日/7:00~13:00
電話番号
+66 53 231 520
※情報は記事公開日時点のものになります。
Akane
旅するフリーランスイラストレーター、デザイナー兼バリスタ。イギリスで英語とデザイン留学、カナダ・オーストラリア・ニュージーランドでワーホリを体験し、現在海外ノマド生活中。ブログにて5年以上の海外生活や旅の中で培ってきた知識、英語、旅行、海外ノマド情報を発信中!
ブログ:http://wandering-bee.com/