意外と知られてない旅行資金の貯め方♪「旅行積立システム」がかなりお得!

旅行は思った以上にお金がかかるもの。旅行に行く前には計画的に貯金しておきたいですが、中々上手にできない方もいますよね。
そんな時に知っておきたいサービス「旅行積立」をご存じですか?今回は各社の利用方法やメリットなどについてご紹介しています。

「旅行積立」とは?自分で貯金するのと何が違うの?

旅行資金を貯める女性

「旅行積立」とは、航空会社や旅行会社が行っているサービスのこと。満期で受け取る金額と積み立て期間を前もって決め、お金を積み立てるというもので、満期時には一定の額(銀行でいう「利息」)が上乗せされて返ってきます。
メリットは、銀行の預金に比べて利率(サービス額率)が高いこと。一度で全額支払う「一括積立」なら、より多くのサービス額が受け取れます。中には3%越えの高利率のものもありますよ!
ただし「旅行積立」が定期預金と違うのは、満期に受け取るのは「旅行券」であるという点です。また、デメリットとして預け先が倒産した場合に保障されない場合がありますが、旅行に使うという目的がある方にはお得なシステムです!

航空系の積立について「ANA」「JAL」の場合

飛行機

Photo credit: airlines470 via VisualHunt / CC BY-SA

航空会社の積立を「ANA」と「JAL」で比較してみましょう。
どちらも、毎月積立が毎月5,000円から(12~60回)、一括積立が50,000円から(12~60カ月)となっています。旅行券が利用できるのは、積立をしていた航空会社の国内・海外ツアーや航空券の購入時などです。 「ANA旅行積立プラン」はANAカードの支払いでクレジットカードのポイントが貯まり、「JAL旅行積立」はJALカードの支払いでマイルが貯まるので、よく利用する方の航空会社の選択し、さらにカード利用するとさらにお得!

旅行会社の積立について「JTB」「近畿日本ツーリスト」「日本旅行」の場合

新幹線

Photo credit: yisris via Visualhunt / CC BY

大手旅行会社「JTB」「畿日本ツーリスト」 「日本旅行」の旅行積立を比較してみましょう。
JTBの「たびたびバンク」は、毎月積立が5,000円から(12~60回)、一括積立が30,000円(12~60カ月)から。国内・海外のパックツアーや国内の宿泊プラン、海外航空券の購入時に利用できるほか、満期が無くいつでも使える「フリープラン」もあります。
近畿日本ツーリストの「旅したく」と、日本旅行の「ドリームプラン」は、どちらも毎月積立が3,000円からで、一括積立が18,000円から。少額から始めるのが特徴。国内・海外ツアー、航空券、JR券の購入時と、いろいろ使えて便利です。

お得に旅行のためのお金がためられる「旅行積立」のサービス。自分に合ってるプランは見つかりましたか?ぜひ、サービスを上手く利用してお得に旅行をしちゃいましょう!

この記事は2016年8月14日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。