保存状態超良好!マヤ時代の華麗な装飾が魅力的なメキシコの遺跡「ウシュマル」

「ウシュマル」はメキシコ東部ユカタン州にあるマヤ文明を代表する7〜12世紀頃の遺跡で、1996年に世界遺産に登録されました。この遺跡にはプウク様式と呼ばれる美しく細かな装飾を用いた建造物が優れた保存状態で数多く残っています。今回はこの神秘的なウシュマルを紹介します。

ウシュマルの代表的な神殿「魔法使いのピラミッド」

魔法使いのピラミッド

魔法使いの老婆が温めた卵から生まれた小人が一夜のうちに作り上げた、という伝説から「魔法使い」という名前がついた高さ36メートルのこのピラミッド。頂上部分は神殿として使われていました。エジプトのピラミッドと比べて丸みがあり、優雅で女性的なシルエットが印象的。この地方の生活用水は雨水が頼りで雨神が信仰の中心だったため、ピラミッドの正面階段には雨神チャックの顔の装飾が頂上まで続いており、その様は圧倒的な景観です。

プウク様式の装飾に目を奪われる!「尼僧院」

尼僧院

魔法使いのピラミッドの西側にある「尼僧院」は中庭を取り囲むように4つの建物で構成されています。回廊状に取り囲むことがスペインの尼僧院を連想させることからそう呼ばれるようになりましたが、かつては権力者の住居か宮殿だったのではないかと推測されています。外壁は切石をはめた幾何学模様と雨神などのモチーフで過剰なまでに装飾され、内部の天井はプウク様式の特徴でもあるマヤ・アーチが見られます。プウク様式の特徴が詰め込まれたこの建物を見ると、マヤの建築技術の高さに驚くでしょう。

コロンブス到着以前は中米で最も長い建物だった「総督の館」

総督の館

建物の長さが約100メートルと巨大な遺跡である「総督の館」。プウク様式の彫刻と大きなマヤ・アーチをもつこの建造物は、優雅な外観から総督の館と呼ばれるようになったそう。石造りの格子や雨神チャック、蛇、支配者像など2万個以上の切石を使った建物一面にわたる装飾はそれは見事で、プウク様式の最高傑作と呼ばれるほど。太陽の光を浴びると明暗が生まれ、彫刻がいっそう美しく見えるそうですよ。

ウシュマルへのアクセス方法

ウシュマルへの拠点となる町メリダからは車で1時間半ほどの距離です。ウシュマル周辺はホテルが少ないため、メリダで宿泊して日帰り観光するのが一般的です。2時間あればひと通りまわることができますが、起伏があるので歩きやすい靴で行くのがベター。とても暑く、日陰も少ないので、紫外線対策と飲み物の準備を忘れずにしてくださいね。

■ウシュマル遺跡
営業時間
8:00~17:00
入場料
223ペソ
定休日
電話番号
+52 999 944 0033

小人がひと晩でピラミッドを作ったなんて素敵な伝説を持つウシュマル。1000年以上前の建造物とは思えないほど保存状態が良いので、当時にタイムスリップしたような錯覚を覚えることでしょう。一生に一度は訪れてほしいオススメの場所ですよ!

※情報は記事公開日時点のものになります。