モデルの樽葉ももなと野崎智子が鹿児島県の奄美大島へ。SUPや泥染めなど様々な初めての体験を!

鹿児島県の奄美大島へ。左から樽葉ももな、野崎智子 ©TBS
鹿児島県の奄美大島へ。左から樽葉ももな、野崎智子 ©TBS

モデルの樽葉ももなと野崎智子が5月30日放送の「タビフク+VR」(BS-TBS|毎週水曜日23時00分~)にて、西郷どんゆかりの地でもあり、人気急上昇中の鹿児島県の奄美大島を訪れます。
羽田から奄美大島までは日本航空の直行便が出ていて、わずか2時間15分。24歳、同い年の人気モデル二人の普段の時間の過ごし方は、都心のカフェでくつろいだり、カラオケに行ったり…。今回は「東洋のガラパゴス」と呼ばれる、大自然に満ち溢れる奄美大島で様々な初めての体験をします。

SUPに挑戦。左から野崎智子、樽葉ももな ©TBS
SUPに挑戦。左から野崎智子、樽葉ももな ©TBS

まずはアマミンブルーと称される海でスタンドアップパドルボード(SUP)に挑戦。そこで珍しい海の生き物と遭遇!しかし奄美大島では珍しいことではなく、かなり高い確率で遭遇できるそうです。奄美空港にも程近いVilla Kazboでは最新のいろんなマリンスポーツを楽しむことができるのですが、奄美でのSUPはあまりに特別!海を眺めながらの本格炭火焼きのハンバーガーのお味も格別です。

夢紅。左から樽葉ももな、野崎智子 ©TBS
夢紅。左から樽葉ももな、野崎智子 ©TBS

今年10月に閉店する「夢紅」カフェでは、まったりと美しい奄美の海を見ながら過ごします。

大島紬。左から野崎智子、樽葉ももな ©TBS
大島紬。左から野崎智子、樽葉ももな ©TBS

そして、奄美大島の名産といえば伝統工芸の大島紬(おおしまつむぎ)。大島紬村でその手の込んだ作られ方を知り、驚ろく二人。世界に誇る大島紬の素晴らしさに魅了されます。そして世界唯一の奄美の泥染めにチャレンジ。世界に一つだけのTシャツを完成させ大満足!

ハブと愛まショー。左から樽葉ももな、野崎智子 ©TBS
ハブと愛まショー。左から樽葉ももな、野崎智子 ©TBS

そして、奄美大島に25万匹生息するという猛毒ハブのショーを見学します。この「ハブと愛まショー」は、単なるショーではなく、ハブの生態、この島で果たしている役割を知ることが出来るとても勉強になるショー。奄美大島を訪れた際には一番に見てほしいほどです。ハブおじさんにレクチャーを受けるも、ラストはドッキリにハマり、ビックリ!

The Scene。左から樽葉ももな、野崎智子 ©TBS
The Scene。左から樽葉ももな、野崎智子 ©TBS

そして今回、二人が宿泊したのは奄美大島でももっとも自然が手つかずで残されている南端に位置する究極のリゾートホテル「The Scene」。目の前には「神宿る島・加計呂麻島」を望む最高のロケーション。ホテルでは、ドレスアップして最高のディナーを堪能。奄美大島の大自然に心も体も癒され、星空を眺めながら東京に帰りたくないと語り合う2人。様々な体験を通して、感慨深い奄美大島のたびの1日目がふけていきます。
放送は今夜5月30日の23時00分から。見逃さないようチェックしよう♪

番組が訪れる様々なシーンで画面に現れるQRコードをスマホで読み込むと360度VR動画でその場所に実際に行ったかのようなバーチャル体験が。
さらに首都圏のJTBトラベルゲート各店にはタビフクの360°バーチャル・リアリティの世界を体験、体感できるスペースが設置されています!

タビフク+VR
タビフク。ロゴ
BS-TBS|毎週水曜日23時00分~
おしゃれ女子必見!! 旅(タビ)×ファッション(フク)+360°=『タビフク+VR』。プライベートでも本当に仲の良いファッショナブルな女性タレント、モデル、歌手、女優など、20代女子たちが憧れる女性ゲスト二人が、人気急上昇中の国内を中心としたさまざまな旅先を訪れます。
※情報は記事公開日時点のものになります。