• 2018年6月1日更新
  • Yokito

ヨーグルトとバラの国♪観光にオススメのブルガリアについてご紹介

東ヨーロッパに位置するブルガリア共和国は、日本人に馴染みのない国のひとつですよね。近隣国でもあるチェコやハンガリーは多くの観光客を集めていますが、ブルガリアは一体どんな国なんでしょうか?

ブルガリアといえばやっぱりヨーグルト

ブルガリアヨーグルト

ブルガリアと言えば、やっぱりヨーグルトを思い浮かべますよね!国産ヨーグルト製品シェア「明治ブルガリアヨーグルト」も、日本国内でブルガリアの名を有名にしている商品ですよね。
大阪万博で食べた本場ブルガリアのヨーグルトの美味しさに感動した明治乳業の製品開発メンバーが1971年に発売したのが「明治プレーンヨーグルト」。
この段階ではブルガリアの名前は入っておらず、ブルガリア政府との長い交渉を経て、1973年にようやく”明治ブルガリアヨーグルト”へと改名しました。今もなお、明治乳業はブルガリアから直接輸入した菌を利用し乳を発酵させ、ヨーグルトを製造しているそうですよ!

ブルガリア観光はコスパがいいのでおすすめ!

ブルガリア

日本人にとって身近な存在でもあるブルガリアですが、ヨーロッパの中でも群を抜いて物価が安い事をご存じでしょうか?費用のかさ見がちなヨーロッパ旅行ですが、東ヨーロッパは比較的物価が安いと若者やバックパッカーには大人気。その中のひとつブルガリアも、もちろんコスパのいい旅行先と言えます♪
首都ソフィアは歴史的建造物なども多く、食べ物も安い!まだ国の観光開発がそこまで進んでいないのも魅力的なポイントで、観光地巡りをするよりもローカルの暮らしを感じることが好きな方にはもってこいです。もちろんスーパーなどのヨーグルトコーナーは品揃えが豊富なので、是非本場のヨーグルトを食べ比べしてみて下さいね!

バラが有名♪ブルガリアのもう一つの名産品

ブルガリアンローズ

ブルガリアといえばヨーグルトと並んで、バラも有名!「ブルガリアンローズ」と聞くとピンとくる方は多いのではないでしょうか。なんと、ブルガリアは全世界の70%のバラを生産しているのです。ローズオイルや、ローズウォーター、ローズジャムなどのバラ関連のアイテムはお土産にも最適ですよ。
毎年6月上旬にはブルガリア中部にあるバラの谷で、バラの収穫祭「カザンラク ローズフェスティバル」が開催されます。地元住民がブルガリアの民族衣装を身にまとい、バラの花びらが舞い散るという大変美しいお祭りとして有名!この時期にはバラ祭を訪れるツアーも組まれており、世界中から観光客が訪れています。

あまりみんなが訪れたことのない国を旅行してみるのも、また貴重な経験!東欧ブルガリアも旅行の候補に入れてみてはいかがですか?

この記事は2016年6月22日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。