今年の夏は台湾最南端のビーチリゾート墾丁(ケンティン)に注目しよう!

台湾のハワイ!墾丁ってどこにあるの?

台湾・墾丁のビーチ
Photo credit: Nway Wu on Visualhunt / CC BY-SA

台湾南部の街、高雄から車やバスで2時間ほどの距離に位置する墾丁は、台湾のハワイと称されるほど、豊かな自然を持つビーチリゾートです。日本から直行便のフライトで3~4時間ほどの距離にある、台湾第二の都市「高雄」の観光と合わせて訪れるのがオススメです。
墾丁の街には、美しいビーチ以外にも、常夏のビーチリゾートの雰囲気を味わえるスポットが盛りだくさん!日中はビーチでゆっくりと過ごし、夜は異国情緒が漂う夜市(ナイトマーケット)を散策して屋台グルメに舌鼓なんていかがですか?国立公園を訪ねて台湾最南端の絶景を堪能したり、ダイビングやサーフィン、シュノーケリング、バナナボートなどマリンアクティビティを満喫することもできますよ!

墾丁大街夜市で台湾屋台グルメを堪能しよう!

墾丁大街夜市
Photo credit: mk_is_here on Visual hunt / CC BY

墾丁のメインストリートの墾丁大街では、毎日夕方になると続々と屋台が集まり始め、夕方5時頃から夜市が開催されます。夜市というのは台湾のナイトマーケットで、いわゆる屋台街です。屋台グルメのお店や、台湾土産にぴったりの雑貨店がずらりと軒を連ねます。
台湾の屋台でぜひ食べて欲しいメニューは、名物のマンゴーかき氷やパパイヤジュースです。他にも海沿いの街ならではのシーフードが多く見られ、イカやエビのBBQなどが人気。屋台では一食で日本円が300円ほど出せば充分に食べる事ができます。食べ歩きもオススメですよ。

■墾丁大街夜市
住所
946 台湾 Pingtung County, Hengchun Township, 墾丁路

墾丁の最南端「鵝鑾鼻公園」を歩こう

鵝鑾鼻灯台

墾丁には国立公園である墾丁国家公園をはじめ、美しい公園が多くあります。その中の鵝鑾鼻公園(ガランピ公園)は、墾丁の最南端であり、台湾の最南端。南国らしい熱帯植物が生い茂り、ここから見える海の向こうはなんとフィリピンです。台湾というよりも、太平洋に浮かぶ南の島のよう。
園内には、真っ白な灯台があり、美しい青空と大自然をバックに美しい写真を撮ることができるスポット。鵝鑾鼻公園には「親吻岩」と呼ばれる、二つの岩がキスしているように見えるスポットがあり、カップルから人気を集めています。

■鵝鑾鼻公園
住所
946 台湾 Pingtung County, Hengchun Township, 鵝鑾里鵝鑾路301號
電話番号
+886 8 885 1111

さまざまなマリンスポーツが楽しめる!

墾丁のビーチでは、シュノーケリング、ダイビング、サーフィン、バナナボートなどのマリンアクティビティを楽しむことができます。海沿いでは、通称「サーファー宿」と呼ばれるマリン施設を楽しむ人が集まる民宿が営まれています。そんな、サーフショップやダイビングショップと併設している宿に宿泊してみるのもアリです。

治安が良く女子旅にもオススメ!

墾丁
Photo credit: KiRin Chen on Visual Hunt / CC BY-SA

ビーチリゾートの墾丁は、治安が良くのんびりとした小さな町なので、安心して過ごすことができる女子旅にオススメの観光スポットです。夜遅くまで賑わうナイトマーケットも、地元の人や観光客が多く、賑やか。気を付けてほしいことと言えば、人込みでのスリや、夜のビーチの高波。サーフスポットだけあって、波が強く遊泳禁止の看板があるエリアもあるので、ビーチへ行く時はしっかりと確認しましょう。
今年は、日本から気軽に訪れる事ができるビーチリゾート、台湾の墾丁で夏を過ごしてみませんか?

■この記事で取り上げた施設について
※情報は記事公開日時点のものになります。