モデルの樽葉ももなと野崎智子の奄美大島旅。朝ヨガにダイビング、カヌーとアクティブに!

鹿児島県の奄美大島。左から樽葉ももな、野崎智子 ©TBS

鹿児島県奄美大島。左から樽葉ももな、野崎智子 ©TBS

モデルの樽葉ももなと野崎智子が6月6日放送の「タビフク+VR」(BS-TBS|毎週水曜日23時00分~)にて先週に続いて鹿児島県の奄美大島を訪れます

朝ヨガ。左から野崎智子、樽葉ももな ©TBS

朝ヨガ。左から野崎智子、樽葉ももな ©TBS

宿泊したのは奄美大島南端、目の前に神宿る島・加計呂麻島を望む最高の立地の究極のリゾートホテル「The Scene」。手つかずの大自然の中にひっそりと佇みながらも、都会的に洗練された施設です。正面に加計呂麻島を見ながら行う究極の朝ヨガで二人の奄美大島二日目はスタート。そして二級船舶免許を持っている野崎運転のモーターボートでダイビングスポットへ。色とりどりの熱帯魚を至近距離で観察します。

カヌーでマングローブの森へ。手前から樽葉ももな、野崎智子 ©TBS

マングローブの森。手前から樽葉ももな、野崎智子 ©TBS

また、奄美大島には西表島に次ぎ、日本で二番目に大きい東京ドーム15個分の広さのマングローブの森が広がっています。マングローブ茶屋でカヌーをレンタルして、カヌーを漕いで森へ向かいます。動力船は立ち入り禁止のため、鳥の声と川の音しか聴こえない静寂。ここでも人生で忘れられない経験をします。
島の親戚を訪ねるように島料理を楽しませてくれるハナハナ茶屋では、おかあさんに「今度は泊まっていって」と言われ、二人は感動。

黒糖作り。左から野崎智子、樽葉ももな ©TBS

名産黒糖作り。左から野崎智子、樽葉ももな ©TBS

大島紬と並ぶ奄美大島の名産、黒糖。サトウキビ一本一本から搾り取った汁をひたすら焦がさないように、灰汁を取りながら煮詰めて作った黒糖はミネラルたっぷり。出来立てほやほやの熱い黒糖を堪能します。

「黒糖焼酎」の酒蔵。左から樽葉ももな、野崎智子 ©TBS

「黒糖焼酎」の酒蔵。左から樽葉ももな、野崎智子 ©TBS

そして、この奄美群島でしか作ることを許されていない「黒糖焼酎」の酒蔵を訪ねます。創業以来甕仕込み(かめじこみ)を続けているという富田酒造所。あんなに甘かった黒糖が発酵していくにつれ、その味が甘くなくなっていく過程を目の当たりにしてまた感心!

ケンムン村にて。左から樽葉ももな、野崎智子 ©TBS

ケンムン村にて。左から樽葉ももな、野崎智子 ©TBS

最後にケンムン村で、奄美の代表的民謡「いきゅんにゃ加那」を聴かせてもらいます。そのメロディはどこか切ないけれど、二人の今回の奄美の旅をゆっくりと思い返させてくれます。「奄美はなにもないけれど、何かをみつけて帰れる島」と言われますが、二人も何かを見つけたようです。
放送は今夜6月6日の23時00分から。見逃さないようチェックしよう♪

番組が訪れる様々なシーンで画面に現れるQRコードをスマホで読み込むと360度VR動画でその場所に実際に行ったかのようなバーチャル体験が。
さらに首都圏のJTBトラベルゲート各店にはタビフクの360°バーチャル・リアリティの世界を体験、体感できるスペースが設置されています!

タビフク+VR
タビフク。ロゴ
BS-TBS|毎週水曜日23時00分~
おしゃれ女子必見!! 旅(タビ)×ファッション(フク)+360°=『タビフク+VR』。プライベートでも本当に仲の良いファッショナブルな女性タレント、モデル、歌手、女優など、20代女子たちが憧れる女性ゲスト二人が、人気急上昇中の国内を中心としたさまざまな旅先を訪れます。
※情報は記事公開日時点のものになります。