ロシア行くならどこへ行く?美しいロシアの定番観光スポットをご紹介します♪

遠そうで近い国、ロシアに行ったことがありますか?W杯開催で湧くロシアは世界一大きい国土の国なだけあり、都市ごとの時差も相当なもの!この記事ではそんなロシアで行くべき有名観光地をご紹介します。

モスクワでは可愛すぎる「聖ワシリー大聖堂」は必見!赤の広場にマストで訪れよう

モスクワの聖ワシリー大聖堂

首都というだけあり、多くの観光地があるモスクワ。赤の広場を中心にレーニン廟やグム百貨店などがありますが、中でも「聖ワシリー大聖堂」は、とってもカラフルで独特な造りで、レンガで出来たタマネギ型のドームが可愛い♡塔の中はらせん階段になっており登ることも可能で、イコンや装飾で埋め尽くされた内部も美しいです。夜にはライトアップされて、お昼とは違う印象になりますよ。

■聖ワシリー大聖堂
住所
Red Square,109012,Moscow
営業時間
6月1日〜8月31日/10:00〜18:00、9月1日〜11月7日/11:00〜18:00、11月8日〜4月30日/11:00〜17:00、5月1日〜5月31日/11:00〜18:00
入場料
大人/1000ルーブル、16〜18歳/150ルーブル、16歳未満/無料
電話番号
(495)6983304

ロシア第二の都市・サンクトペテルブルグで文化を満喫しよう

エルミタージュ美術館

「ルーヴル美術館」、「メトロポリタン美術館」と並ぶ、世界三大美術館の一つ「エルミタージュ美術館」はぜひ訪問したいところ。ロシア王室が所有していた、世界でも随一の展示品が多くあるので、半日以上かけてゆっくり鑑賞することをオススメします。

エカテリーナ宮殿 内部

外壁の長さは約300mにも及ぶ、美しいブルーの塗装が鮮やかなバロック様式の「エカテリーナ宮殿」も見どころたっぷりです。随所に金箔がちりばめられた美しい宮殿で、世界で唯一の部屋全体の装飾が琥珀で出来ている“琥珀の間”を見るためにエカテリーナ宮殿を訪れる人も多いのだとか。個人ではチケットが取りづらいので、ツアー参加がオススメです♪

■エルミタージュ美術館
住所
Palace Square,2,Sankt-Peterburg,Russia 190000
営業時間
火・木・土・日曜日/10:30〜18:00、水・金曜日/10:30〜21:00
定休日
月曜日、1月1日、5月9日
入場料
大人/700ルーブル、16歳未満/無料、毎月第1木曜日・5月18日・12月7日/無料
■エカテリーナ宮殿
住所
Garden St, 7,Pushkin,Sankt-Peterburg,Russia 196601
営業時間
7・8月/7:00〜22:00、9〜4月/7:00〜21:00、5・6月/7:00〜23:00
定休日
火曜日
入場料
大人/1000ルーブル、16歳未満/無料、毎月第1木曜日・5月18日・12月7日/無料

東京から2時間半でいける!極東ロシアのウラジオストク

ウラジオストク

ウラジオストクへは成田からなんと2時間半と、国内旅行レベルの近さ!そんなに近いのにヨーロッパの雰囲気や、異国情緒を感じることができることから近年人気が出ています。シベリア鉄道の終着駅でもあるので、モスクワまでの鉄道の旅に出てみるのも憧れますね!

■ウラジオストク

ロシアのお土産といえば?

rieさん(@fujin0k0)が投稿した写真

ロシアのお土産といえばマトリョーシカが有名ですが、白樺で作られた小物入れやかごが可愛い「ベレスタ」もとっても嬉しいお土産になりますよ。自分用と友人・家族用でお揃いにしてもいいかも!

ロシアといえばボルシチやピロシキといったロシア料理も外せませんね!観る、買う、食べると、五感で楽しめるロシア旅行を楽しんでください♪

この記事は2016年9月28日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。