東京観光ならココがオススメ!下町・日本橋エリアの見どころ5選

東京都中央区にある日本橋を中心とする日本橋エリアは、有名デパートやビルが立ち並ぶ高級感の漂うエリアでありつつ、明治〜昭和ごろの面影が残っているので、散策も楽しめます。初めて訪れる方はもちろん、言ったことはあるけど詳しくは知らない…という方にもオススメしたい日本橋エリアの見どころをご紹介します。

街のシンボル「日本橋」

日本橋クルーズ

初代の日本橋は、江戸時代が始まって間もない1603年にかけられました。現在の石造二重アーチ構造の日本橋は明治時代に造られたもので、2011年に架橋100周年を迎えました。城下町のシンボルとして、また東海道をはじめとする五街道の起点として重要な役割を担ってきたんですよ。橋の高欄中央部に設置されている麒麟の像は東野圭吾原作の映画に登場することから人気のフォトスポットになっています。

■日本橋
住所
東京都中央区日本橋1

三井財閥のコレクションを所蔵する「三井記念美術館」

Takayoshi Tsujimotoさん(@55crossroad)がシェアした投稿

歴史ある日本橋エリアでも、一際目を引く建築が三井本館です。こちらは国の重要文化財に指定されています。7階には「三井記念美術館」があり、日本を代表する旧財閥の三井家が、江戸時代から収集してきたコレクションを見学できます。鑑賞後は館内のカフェで一息つくのもいいですし、ミュージアムショップでオリジナルグッズを購入してみてもいいですね。

■三井記念美術館
住所
東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7階
電話番号
03-5777-8600
開館時間
10:00~17:00 ※入館は16:30まで
休館日
月曜日 ※臨時休館有り
入館料
大人/1,000円、大学・高校生/500円、中学生以下/無料 ※特別展は料金異なる

アンテナショップめぐりでご当地グルメを楽しもう!

日本橋エリアには、福島・新潟・富山・三重・奈良・島根・長崎・滋賀、山梨、山口と、10県のアンテナショップが点在しています。各地方の名産品を販売している他、観光案内も兼ねているので、旅の参考に行ってみるのもオススメ。カフェやレストランを併設している施設もあるので、ご当地の味に舌鼓を打つのもいいですよね。ほとんどのアンテナショップが集中しているので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

■日本橋周辺のアンテナショップ

実は見学できる「東京証券取引所」

東京証券取引所

ビジネス街としての顔も持つ日本橋の重要な施設と言えば、「東京証券取引所」。日本経済を動かす中心地ですが、実は無料で見学ができるんですよ。テレビでよく目にするマーケットセンターも見学できちゃいます。こちらでぜひ体験して頂きたいのが、仮装所持金1,000万円を元手にヴァーチャルで株式投資する「株式投資体験コーナー」です。その他、証券に関する展示コーナーや資料の閲覧コーナーなどあるので、投資にご興味ある方は足を運んでみてはいかがでしょう。

■東京証券取引所
住所
東京都中央区日本橋兜町2-1
電話番号
050-3377-7254(東京証券取引所 見学担当)※受付時間…9:00~11:15、12:30~16:30(土・日・祝祭日を除く)
見学時間
9:00~16:30(土・日・祝祭日・年末年始を除く)※最終入館時間16:00

東京の街並みを遊覧♪ 日本橋クルーズ

日本橋クルーズ

日本橋エリアをもっと楽しむのならクルージングがオススメ。日本橋のたもとから船が出ていて、人気の東京観光コースになっているんですよ。主なコースは日本橋川から隅田川に出るコースと、神田川をぐるりと回るコース。船から見上げる東京の街並みは、また違った趣がありますよ。なかなかできない体験なので、日本橋に行ったらぜひ乗ってみてくださいね。

日本橋エリアというと観光色が濃く、特に都内に住んでいる方は行く機会がない方もいらっしゃるのでは。観光スポットとしてはもちろん、改めて東京らしさを感じられるエリアとして、ぜひお出かけ先の候補に入れてみてくださいね。

■日本橋観光桟橋
住所
東京都中央区日本橋1-9
※情報は記事公開日時点のものになります。