可愛くてフォトジェニック!ロシアの「タタールスタン共和国」って知ってる?

今回ご紹介するのは、ロシアの中にある「タタールスタン共和国」。日本人にとっては馴染みのない国ですが、とってもフォトジェニックで可愛いスポットがたくさんあるんです♪早速タタールスタン共和国がどんな国なのか、詳しく見ていきましょう!

タタールスタン共和国ってどこにあるの?

カザン市街

ロシア西部に位置するタタールスタン共和国は、総人口400万人弱の国。あまり馴染みはありませんが実はロシアは連邦制で、いくつかの独立した共和国から成っており、タタールスタン共和国はその一つなんです。国内にはタタール人が約50%とロシア人が約40%その他が約10%の割合で住んでおり、注目の集まるエネルギッシュな国なんです。

カザン カテドラルモスク

歴史的建造物も多くイスラム教徒が半数以上を占める国であることから美しいモスクもたくさんあります!国内には世界遺産認定されているスポットもあるので実は観光にとってもオススメ♪そんなタタールスタン共和国のオススメ観光スポットを3ヶ所ご紹介します!

首都カザンの世界遺産「カザン・クレムリン」

カザンのクレムリン

まず最初にご紹介するのは首都カザンで最も有名な世界遺産「カザン・クレムリン」!11世紀に建てられた城塞カザン・クレムリンは、1552年のイヴァン雷帝の征服によって一度は崩壊しましたが、再建され現在の形になりました。内部にはロシア正教会とイスラム教のモスクが入っているという珍しい建造物で、タタールスタン共和国の大統領の宮殿もココにあるんですよ!

■カザン・クレムリン
住所
Казань, Респ. Татарстан, 420014
営業時間
10月1日〜4月30日まで/8:00から18:00、5月1日〜9月30日/8:00から21:00
定休日
入場料金
見学無料、カザン・クレムリンの博物館/700ルーブル

タタールスタン共和国のシンボル「ヴォルガ川」

ヴォルガ川
Photo credit: Alexxx1979 via Visual Hunt / CC BY-SA

タタールスタン共和国を代表するヴォルガ川は、ランドマークとも言える重要なスポットのひとつ!川沿いを歩けばカザンの美しい街並みを見渡すことができ、冬には一面が氷が張って幻想的な雪景色が楽しめます。夏はクルージングツアーなども実施されているので、ヴォルガ川からタタールスタン共和国を眺めるのもオススメですよ!

歴史的建造物がたくさん!世界遺産「スヴィヤシスク島」

最後にご紹介する観光スポットはカザンから数十キロの距離にある世界遺産に認定されて間もない「スヴィヤシスク島」!イヴァン雷帝がカザン侵攻した際に、その軍隊の拠点として4週間で作り上げたのがこのスヴィヤシスク島の街なんです。この島には16世紀頃からの歴史的建造物が数多く残っており、タタールスタン共和国の歴史を知るうえでも重要なスポット。フォトジェニックな建造物がたくさんあるので、素敵な写真がいっぱい撮れるはず!

■スヴィヤシスク島

タタールスタン共和国への行き方

モスクワの聖ワシリー大聖堂

タタールスタン共和国へは、日本から行く場合はモスクワを経由して行くことができます。モスクワからタタールスタン共和国の首都カザンへのフライト時間は約1時間半!移動時間も短いので、モスクワ旅行プラスαの行き先としても現在徐々に人気が上がってきています♪

モスクワと言えば赤の広場や聖ワシリー大聖堂など観光スポットが目白押しの都市!タタールスタン共和国の観光を組み合わせて、ゆったりと個性豊かなロシアを満喫してみませんか?

この記事は2017年9月12日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。