鳥取県に行くなら絶対行きたい観光地「鳥取砂丘」!絶景アクティビティにらくだも乗れちゃう♪

山陰地方・鳥取県の観光地といえばやっぱり「鳥取砂丘」は外せません。日本最大級の砂丘は一度は訪れてみたいものですよね。歩くだけでも充分満喫できますが、実は色々なアクティビティもできるのです!

鳥取砂丘とは?

鳥取砂丘

鳥取砂丘は日本最大級の砂丘で、山陰海岸ジオパークのエリアの一つでもあります。他ではみられない特異な自然が大きな魅力で、多くの観光客が訪れる観光スポットです。
鳥取駅からバスで30分ほどで行けるのでアクセスも良好!近年は「すなばコーヒー」やポケモンGOなどで、さらなる注目を集めています。

日本でアラビアン気分?「らくだ体験」

鳥取砂丘らくだ

特に人気なのが「らくだ体験」。らくだの背中に乗って記念写真を撮ったり、砂丘を周回したりすることができます。らくだに乗るなんてなかなかできない体験なので、鳥取砂丘に行ったらぜひ体験してみてください!

■らくだ屋
営業時間
通常期間(3~11月)/9:30~16:00(写真撮影 16:30まで)
冬季期間(12~2月)/10:00~16:00(写真撮影 16:00まで)
撮影料金
らくだのみの撮影/100円、らくだに並んで撮影/100円、らくだにまたがって撮影/500円
らくだライド体験料金
1人乗り/1,300円、2人乗り/2,500円
電話番号
0857-23-1735

砂丘を滑ろう!「サンドボード」

サンドボード

冬の雪山でやるスノーボードのような板を使って、砂丘を滑るサンドボード。Tシャツに短パンという軽装で、誰でも気軽にできるアクティビティです。
やわらかい砂の上なら転んでも痛くないので、初心者の方も安心ですね。鳥取砂丘にある斜度30度の急勾配の斜面を日本海に向かって滑る心地よさはやみつきになりますよ。

■サンドボード
営業時間
3月上旬〜9月下旬/9:30〜11:30、13:00〜15:00、16:00〜18:00
10月〜12月下旬/9:30〜11:30、12:30〜14:30、15:00〜17:00
営業期間
3月上旬〜12月下旬 (期間中無休・悪天候時中止)
料金
3,500円
注意事項
3日前までに電話で予約要
30分前にらくだ屋に集合
電話番号
0857-30-1991

フォトジェニックな写真が狙えると話題「ファットバイク」

ウユニ塩湖のような鏡張りの砂浜をファットバイクで駆ける
提供:TRAIL ON

通常よりも太い車輪の自転車、ファットバイクは普通なら走行できないような雪山や砂漠でも走れるんです。そのファットバイクを鳥取砂丘周辺で楽しむことができます。
特に人気なのが、鳥取砂丘そばの海沿いをゆくコース。ウユニ塩湖のような写真が撮れると話題です。

■トレイルオン
営業時間
3〜9月/9:30〜11:30、13:00〜15:00、16:00〜18:00
10〜12月/9:30〜11:30、12:30〜14:30、15:00〜17:00
定休日
不定休
料金
5,000円
注意事項
集合場所は砂丘会館前です
電話番号
080-1649-1796

早朝の鳥取砂丘でしかみられない現象「風紋」を撮りに行きたい

鳥取砂丘風紋

せっかく行くなら、珍しい光景を収めに行きませんか?砂丘に吹き付ける潮風が作り出す模様「風紋」は、早朝の誰も歩いていない時間にしかみられない特別な光景です。
まだ足跡の付いていない砂丘が朝焼けに染まって行く様子は、息を呑む美しさですよ。

鳥取砂丘へのアクセスは?

鳥取砂丘

鳥取砂丘へはJR鳥取駅から出ているバスが楽ちんです。ただし観光周遊バスは土日祝日のみの運行となっているので、平日は路線バスの利用になるほか、日の出前や日没後のダイヤはないので、風紋を見に行きたい場合は車やタクシーを利用しましょう。
鳥取砂丘コナン空港からは、土日祝日のみの周遊バスで行くことができて便利。こちらは平日の路線バスはありませんのでご注意を。

美しい風景のみならず、らくだ体験やバイクのアクティビティも楽しめる鳥取砂丘。行ったことがないなら、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

この記事は2016年5月1日に公開されたものを編集したものです。
■この記事で取り上げた施設について

※情報は記事公開日時点のものになります。