意外なフォトジェニックスポット!? 黒い溶岩が珍しい「鬼押出し園」へ出かけよう!

ゴツゴツとした黒い岩が広がる景勝地「鬼押出し園」を知っていますか? 軽井沢や草津からそう遠くない場所に位置しており、立ち寄りスポットとしても大人気!温泉旅行やドライブに組み込んでみては?

「鬼押出し園」ってどんなところ?

鬼押出し園

鬼押出し園は群馬県嬬恋村に位置する上信越高原国立公園内にあり、1783年の浅間山大噴火によって流れ出た溶岩が固まってできた景勝地です。浅間山の麓を走る景勝道路「鬼押ハイウェー」の途中にあり、周囲には軽井沢や万座温泉、草津温泉など人気の観光地が目白押し。車なら関東から約3時間で行けるほか、軽井沢などの最寄り駅からは西武観光の路線バスが運行しているのでアクセスも便利!ちょっと寄り道するのにぴったりの場所ですよ。

フォトジェニックな風景が満載

Tzuyang Linさん(@hiramyaya)がシェアした投稿

浅間山には古くから“鬼が怒ると噴火する”と言い伝えられており、この鬼が火口で暴れて岩を押し出したことから「鬼押出し園」というユニークな名前が付けられたそう。
岩は人の背丈を越えるほどの大きなものもあり迫力満点で、特徴的な形の岩には狛犬岩や親子岩と名付けられたものもあり、「鬼押出し園」の名にふさわしいダイナミックな景観を見る事ができます。

❁のり❁さん(@1012nori)がシェアした投稿

園内には散策ルートが設けられており、随所に設置された見晴台からは溶岩群に加え周囲の自然景観も一緒に楽しむことができます。眼下に嬬恋村と晴れていれば北アルプス連峰、谷川連峰、日光男体山までも一望する高山植物観察コース(距離700m)では、春にはイワカガミ、ツガザクラなどの高山植物やヒカリゴケの自生地に出合えますよ。また、5月から7月にかけては、シャクナゲやトウゴクミツバツツジ、ヒカゲツツジなどの群生を目にすることができる奥の院参道コース(距離1.2㎞)もおすすめです。溶岩群とのコントラストが美しい深緑の夏や、紅葉の秋もいいですよ。ぜひ園内を歩いて楽しみましょう!

黒い岩に映える赤い浅間山観音堂

鬼押出し園

園内には東京上野の東叡山寛永寺の別院・浅間山観音堂があります。ここには浅間山噴火の犠牲になられた霊を供養するため、聖観世音菩薩が厄除観音として祀られており、毎月18日は御開扉としてご本堂の扉が開かれます。鬼の招福厄除のお守りもあり旅行記念やお土産として買うのもおすすめですよ。

また、観音堂の赤い橋や境内は周囲の黒い岩の中でひときわ映え、何ともフォトジェニックな風景です。やや高台に位置していますので鬼押出し園や浅間山、さらには北軽井沢から万座、嬬恋方面に至るまでのパノラマを見渡すことができます。入口から観音堂まで表参道を歩き、裏参道をまわって入口まで戻る約30分の散策ルートが標準コースです。鬼押出し園を訪れた際はぜひこの観音堂まで歩いてみてくださいね。

鬼押出し園へのアクセス情報

車の場合、上信越自動車道「碓氷軽井沢I.C.」から中軽井沢、鬼押ハイウェー経由で30km(平常時45分)、「小諸I.C.」から中軽井沢、鬼押ハイウェー経由で35km(平常時50分)。
北関東自動車道~高崎JCT(関越自動車道)経由で茨城県、栃木県方面から、もしくは圏央道~鶴ヶ島JCT(関越自動車道)経由で神奈川県、静岡県方面からのアクセスが便利です。
電車の場合は、各方面からの最寄り駅から鬼押出し園までバスが運行されています。バスの所要時間はそれぞれ、北陸新幹線(長野経由)「軽井沢駅」から約40分、しなの鉄道「中軽井沢駅」から約30分、吾妻線万座「鹿沢口駅」から約25分です。

■鬼押出し園(上信越高原国立公園)
住所
群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1053
電話番号
0279-86-4141
営業時間
8:00~17:00(最終入園16:30)
※季節により営業期間・時間の変更、または休業する場合があります。
入場料
大人(中学生以上)650円、小学生/450円 ※未就学児は無料

フォトジェニックなイメージがあまりない観光地ですが、実は写真映えのする珍しいスポットが沢山!軽井沢、草津、嬬恋方面にお出掛けの際はぜひ立ち寄ってみてくださいね!

※情報は記事公開日時点のものになります。