休日に家族みんなで行こう!千葉県のテーマパーク「ふなばしアンデルセン公園」

太陽の池

ふなばしアンデルセン公園は千葉県船橋市にある人気テーマパーク。約30ヘクタールの広大な敷地の公園内は5つのゾーンにわかれ、風車やデンマークの農家を再現した建物や四季折々の花々を楽しむことができます。トリップアドバイザーの「2015年日本の人気テーマパーク」で第3位にも選ばれた話題のスポットです。

まるでアンデルセン童話の世界「メルヘンの丘ゾーン」

アンデルセン公園チューリップ

「メルヘンの丘ゾーン」は、デンマーク・オーデンセ市の街並みを再現したエリア。デンマークの風車や噴水、デンマークの農家、手漕ぎボートなどまるで海外に来たかのような光景が楽しめます。特に人気なのはチューリップの開花時期。風車の周りにチューリップの花が一斉に咲き誇り美しい風景が広がります。チューリップ以外にも園内の至るところで四季折々の花々を楽しむことができます。また、童話館ではH.C.アンデルセンのギャラリー、童話シアターや図書コーナー、おはなし会の開催などもあるので、たっぷりとアンデルセン童話の世界に浸ってみてはいかがでしょうか。

「ワンパク王国ゾーン」で思い切り遊ぼう!

虹の池

子供たちに大人気のエリアが「ワンパク王国ゾーン」。大すべり台やロープスライダーを備えた遊具、森の中のアスレチック、芝生広場のトランポリン、ポニーの広場や動物ふれあい広場など、親子で楽しめるスポットがたくさんあります。木陰も多いのでレジャーシートを敷いてのんびりと過ごすのもおすすめ。また、これからの暑い季節に大人気なのが虹の池。じゃぶじゃぶ池とも呼ばれる広い虹の池には水着で水遊びを楽しむ子供たちで大いに賑わいます。木陰の小川でも水遊びができるので小さなお子さまも安心して遊べるのが嬉しいですね。

いろんな創作を体験できる「子ども美術館ゾーン」

子ども美術館ゾーンでは、ワークショップ室、版画、食、染、織、陶芸、木、アンデルセンスタジオの8つのアトリエでさまざまな創作活動を体験することできます。敷地内の畑で収穫した野菜や植物を育て収穫するプログラムを実施、収穫した野菜で料理をしたり、育てた藍を使った染め体験なども行なっています。その他にもアーティストの作品展示や季節のイベント開催など、小さなお子様から大人まで楽しめる多彩なプログラムが体験できます。プログラムは一部を除いて毎月内容がかわりますので、公式HPにて開催内容をご確認ください。

■アンデルセン公園「子ども美術館」
電話
047-457-6661
時間
9:30~17:00

ふなばしアンデルセン公園へのアクセスは?

公共交通機関利用の際は最寄りの各駅からバスが利用できます。それぞれ新京成線「三咲駅」から約15分、JR「船橋駅」北口から約40分、新京成線・東葉高速線「北習志野駅」から約20分、北総線「小室駅」から約15分となっています。 車の場合は京葉道路「花輪インター」から約40分、東関東自動車道「千葉北インター」から約30分、東関東自動車道「谷津船橋インター」から約40分(東京方面からのみ利用可)、常磐道「柏インター」から約40分となっています。

遊びに学びに花鑑賞に見どころ満載のふなばしアンデルセン公園。家族連れや友達同士など、小さな子供から大人まで一日中たっぷりと楽しめる公園です。夏休みの自由課題でワークションプにチャレンジしてみるのもオススメですよ!都心からも気軽に行けるので、休日のお出かけ先として是非行ってみてください。

■ふなばしアンデルセン公園
住所
千葉県船橋市金堀町525
電話番号
047-457-6627
開演時間
通常/9:30~16:00、4月8日~10月31日の土曜・日曜・祝日、3月20日~4月7日、6月15日、7月20日~8月31日/9:30~17:00
・休園日
月曜日(祝日、春・夏・冬休み期間は開園)
・入場料
大人/900円、高校生/600円、小・中学生/200円、幼児/100円、3歳以下/無料 ※65歳以上は証明書の提示により無料
※情報は記事公開日時点のものになります。