日本最大級の絶景つり橋「星のブランコ」に行きたい♪大阪・交野市のほしだ園地をご紹介

大阪府に点在する「大阪府民の森」の1つ、ほしだ園地。園内には日本最大級のつり橋や人工壁のクライミングウォール、遊歩道や展望スポットなどがあり、四季折々の自然を楽しみながら思い切り遊ぶことができます。今回は、そんなほしだ園地の見どころをご紹介します。

吊り橋「星のブランコ」から絶景を眺める!

星のブランコ

ほしだ園地の最大の見どころは、吊り橋「星のブランコ」。ほしだ園地のある交野市は七夕伝説の残る地であることから、星降る里のシンボルとして名付けられました。標高180m全長280m最大地上高50mと、人道吊り橋としては国内最大級の規模を誇ります。
スリルを味わいつつ絶景を楽しむことができますよ。

星のブランコまではハイキングルートをたどって向かいましょう。起点となるのは、インフォメーションや休憩所にもなっている「ピトンの小屋」。ここからほしだ園地管理道やハイキングルートの1つ「ぼうけんの路」を通り、徒歩約15分で到着です。もう1つの「おねすじの路」は星のブランコの南側に到着するルートで、同じく15分ほどかかります。ハイキングルートには坂道や舗装されていない部分もあるので、滑りにくいスニーカーなどの靴で訪れてください。

初心者から経験者まで楽しめる! クライミングに挑戦しよう♪

日本の風景さん(@raw_jpn)がシェアした投稿

もう1つの見どころは、人工壁で作られた高さ16.5mのクライミングウォール!正面壁と左右両側面壁の3面が整備されており、平成9年に開催された「なみはや国体」で公式競技場として使用されるなど、本格的な造りになっています。初心者向けの体験講習会やミニ体験ゾーンがあるので経験の有無を問わず、子供から大人まで幅広ぅクライミングを楽しめるんです。

ただし、クライミングウォールの利用には施設利用講習会の受講と事前予約が必要なのでご注意ください。グループで利用する際には、人数は6名以下、うち2名が施設利用講習会で交付される受講済証を持っている必要があります。利用料金は一般が1日700円、小学生4年生〜高校生は300円となっています。

ほしだ園地への行き方は?駐車場情報もチェック!

紅葉のほしだ園地

公共脳交通機関利用の場合は、京阪電車交野線の私市駅で下車し、ハイキングコースを進んで徒歩約40分。JR学研都市線の星田駅からは、星田妙見宮を経て徒歩約70分で到着です。土日祝日のみ、京阪電車交野線の交野市駅からほしだ園地まで京阪バスが出ているので、体力に自信のない方はこちらの利用がおすすめですよ。

車の場合は、国道1号線もしくは国道163号線から国道168号線を進むと、川を渡ったところに駐車場が見えてきます。駐車場の料金は1時間200円ですが、クライミング利用券を持っている方は割引があるのでお得に利用できますよ。

■ほしだ園地
住所
大阪府交野市星田
営業時間
9:30~16:30
定休日
火曜日、年末年始12/29~1/4(※4・5・10・11月は火曜も無休)
電話番号
072-891-0110

「星のブランコ」というロマンティックな名前にふさわしい、あっと驚く絶景が見られる吊り橋があるほしだ園地。四季折々の自然に触れて、気持ちの良い休日を過ごしてみては?

※情報は記事公開日時点のものになります。