ニセコは冬だけじゃない!北海道のリゾート「ニセコ」の夏の魅力とは?

海外からも多くのスキーヤーが訪れるスキーの聖地、北海道「ニセコ」。平成元年、オーストラリアのスキーヤーがニセコのパウダースノーに魅せられ、一躍ブームが巻き起こりました。でも「ニセコ=冬」のイメージはもう古い!「夏のニセコ」も魅力がいっぱいなんです。大自然を満喫できる夏のアクティビティをご紹介します。

ニセコで楽しむマウンテンバイク

小野寺 兼士さん(@kensu81)がシェアした投稿

夏のニセコといえば、まずはマウンテンバイク。山道を走りぬける爽快感を味わうには、ニセコを代表するスキー場「ニセコグラン・ヒラフ」がおすすめ。夏期(6月中旬〜10月上旬予定)は、ゲレンデ全体の3分の1をマウンテンバイクのコースとしてオープンします。

きづ ゆうきさん(@cappy_nya_n)がシェアした投稿

スキー場の斜面を利用した本格的な「MTBダウンヒルコース」と、初心者でも楽しめる緩やかな「フロートレイルコース」があります。

■ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ
住所
北海道虻田郡倶知安町字山田204
電話番号
0136-22-0109
■MTBダウンヒルコース
営業期間
7月上旬~9月下旬予定
営業時間
9:30~15:30(ゴンドラ最終乗車15:00)
定休日
■フロートレイルコース
営業期間
6月中旬~10月上旬予定
営業時間
9:30~15:30
定休日
月曜日(お盆時期等は除く)

ニセコで楽しむ川遊び「ラフティング」「キャニオニング」

Takuya Kanekoさん(@takuya.kanek0)がシェアした投稿

ニセコを流れる「尻別川」は、国内有数の清流です。この美しい川をラバーボートで下る「ラフティング」はニセコの夏のアクティビティで一番の人気を誇ります!夏は特に水量が安定していて流れが穏やかなので、小学生が参加できるプランもあります。晴れた日はもちろん、小雨や霧がかかった日の幻想的な川を下るのも素敵です。

また、人気急上昇の「キャニオニング」は、ウェットスーツとライフジャケットを装着して、そのまま川の流れにダイブするというダイナミックさと清涼感がたまらないワイルドな川遊びです。

ニセコで楽しむ「SUP(サップ)」「ブリッジスウィング」

最後にご紹介するのは、ちょっと聞きなれないアクティビティ。まず、「SUP」とは、「Stand Up Paddle」 の略。ハワイ生まれでサーフィンの原型と言われ、ボードに立ちパドルで水上を漕いで進みます。まるでアメンボのようにすいすいと水面を進む感覚が楽しいです。扱いやすいボードを採用しているところが多いので初心者でも安心ですよ。

@maro36maroがシェアした投稿

また「ブリッジスウィング」は、橋の欄干からロープ一本で飛び降りる絶叫系アクティビティです。文字通り飛び降りた後の「スウィング」がスリル満点なのだとか。勇気のある方はこちらにも挑戦してみてください!

冬もいいけど、夏だって楽しめるニセコ。暑さを忘れさせてくれる、自然豊かな北の大地で夏休みを過ごしてみませんか?

※情報は記事公開日時点のものになります。