近代アートの巨匠イサム・ノグチが設計!札幌にある「モエレ沼公園」に行ってみよう

「モエレ沼公園」は、基本設計を世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチが手掛けた総合公園。緑豊かな園内には、幾何学形の遊具や建築、山や噴水があり、自然に溶け込むアートの世界を楽しむことができます。

公園を象徴するモニュメント「ガラスのピラミッド」

モエレ沼公園のピラミッド

公園内のオススメの場所をご紹介します。 まずは園内で最も目を引く「ガラスのピラミッド」です。ピラミッドといっても単純な四角錐ではなく、三角面と四角錐そして立方体が組み合わさった複雑な形が特徴です。1,113枚のガラスが使われていて、中のアトリウムは休憩場所としても利用できるんです。夏は青々と茂る芝生の広場や、冬は一面の雪景色など開放的な景色を楽しめますよ。施設内には、イサム・ノグチのギャラリーやカフェやレストランが入っているので、のんびり過ごすのにピッタリですね。

■ガラスのピラミッド
開館時間
4月29日~5月31日・9月1日~11月3日/9:00~19:00
6月1日~8月31日/9:00~20:00
11月4日~4月28日/9:00~17:00
休館日
4月29日~11月3日/第1月曜日
11月4日~4月28日/毎週月曜日
12月29日~1月3日
※月曜は休日の場合は翌日休館、またはそれ以降の休日以外の日に休館。2018年8月6日(月)は臨時休館

イサム・ノグチの願いが込められた「モエレビーチ」

tak_sugawaraさん(@tak_sugawara)がシェアした投稿

次にご紹介するのは、夏に子ども達で賑わう「モエレビーチ」です。丸みを帯びた浅い池で、海のない札幌の子ども達への思いを込め、海辺をイメージして設計されました。池の中心から湧く水や、池の周りの珊瑚の舗装など、自然の美しさを感じられる施設となっています。遊び場としてはもちろん、アート作品としても楽しめるスポットです。

■モエレビーチ
開放期間
2018年6月15日(金)~9月5日(水)
開放時間
10:00~16:00
休業日
木曜

夜はライトアップも楽しめる噴水ショー

海の噴水
Photo credit: Kentaro Ohno on VisualHunt / CC BY

昼も夜も楽しめる施設としてオススメなのが、公園の中心にある直径48mの大きな噴水で「海の噴水」です。1日に3~4回行われる、海をイメージして形が変わってゆく噴水ショーは必見。ショーでの噴水の高さは最高25mにも達し、迫力の光景を見ることができますよ。

kotokotosoupさん(@fu_fu_soup)がシェアした投稿

また、夜にはライトアップも開催され、昼とは異なる幻想的な姿を見ることができます。“水の彫刻”とも言われる噴水アートを楽しんでみてくださいね。

■海の噴水
運転期間
2018年4月28日(土)~10月21日(日) ※天候により中止有り

「モエレ沼公園」への行き方や入園料は?

北海道・モエレ沼公園
Photo credit: superidoljp on Visualhunt / CC BY-SA

札幌市街からモエレ沼公園へのアクセスは、車で行く場合は所要時間30分ほど。公共交通機関を利用する場合は、地下鉄東豊線に乗り「環状通東駅」で路線バスに乗り換え、「モエレ沼公園東口」で下車。所要時間は約40分です。入口は数箇所ありますが、季節により開いていない場所があるので、通年開いている東入口ゲートを利用するといいですよ。 入園料は無料なので、ぜひ気軽に訪れてみてくださいね。

北海道の豊かな自然と調和した、近代アートの巨匠作品が楽しめる「モエレ沼公園」。札幌市街地からは少し離れていますが、入園無料で夜は22:00まで開園しているので、旅行の際はぜひ行き先に加えてみてくださいね。

■モエレ沼公園
住所
北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
電話番号
011-790-1231
開園時間
7:00~22:00 ※東入口ゲートに限り入園は21:00まで
休園日
無 ※各施設ごとに休業日有り
入園料
無料
※情報は記事公開日時点のものになります。