日本にモアイ像!? 宮崎県の「サンメッセ日南」で南国気分を味わおう♪

宮崎県にある日南海岸の丘の上に位置する「サンメッセ日南」。園内には海をバックにイースター島さながらのモアイ像が並んでいたり、カラフルなオブジェが建っていたりと、南国ムード漂うフォトジェニックなスポットになっているんですよ。今回は、そんなサンメッセ日南の楽しみ方をご紹介します。

日本で唯一! イースター島に認められたモアイ像

サンメッセ日南のモアイ像

サンメッセ日南で最も目を引くのが、海岸沿いに並ぶ7体のモアイ像でしょう。モアイ像といえばチリの西方約3,800Kmの沖合に浮かぶイースター島に建つ石像ですが、こちらは日本で唯一イースター島から正式に認められて造られた、完全再現のモアイ像なんです。本物はチリまで行かなければ見られませんが、サンメッセ日南で本物とほとんど変わらないモアイ像を見ることができますよ。

7体のモアイ像にはジンクスがあり、向かって左から順に仕事運、健康運、恋愛運、全体運(開運)、結婚運、金運、学業運にそれぞれご利益があるとされています。ぜひ、気になるモアイ像の前に行って、お願い事をしてみてくださいね。

モアイ像だけじゃない! 園内にはフォトスポットが盛りだくさん♪

ヴォワイアン

サンメッセ日南のフォトスポットはモアイ像だけではありません。小高い丘から見下ろす日南海岸が美しいのはもちろん、7色の等身大の男たちをかたどったアート「ヴォワイアン」、遺跡のような雰囲気漂う「天空の塔」など、見どころは盛りだくさんです。

また、センタープラザ入り口に描かれた天井画も見逃せません。宮崎県出身の美術家・小松考英氏が「日南海岸で見られる蝶が理想の地球へ向かう姿」を描いた『天地望蝶』という作品で、天井から別世界へ飛んでいけそうな、美しい絵が楽しめます。インスタ映えするスポットばかりですので、サンメッセ日南を訪れる際はカメラを持っていくのを忘れないでくださいね。

サンメッセ日南はランチや岩盤浴も楽しめる!

お腹が空いたら南洋レストランnoa・noaへ行ってみましょう!サンメッセ日南内のセンタープラザにあるnoa・noaは、南洋風の店内から海を眺めながら、季節限定のメニューや屋内バーベキューなどが楽しめるレストラン。宮崎県名物のチキン南蛮もいただけます。 そのほか疲れを癒す岩盤浴もあるんです!入り口近くの嵐の湯では、約90分の岩盤浴が受けられます。

■岩盤浴・嵐の湯
営業時間
11:30~20:00
定休日
水・木曜日
料金
大人(中学生以上)/1,200円、子供(小学生)/600円、幼児(4歳以上)/400円
電話番号
0987-29-1700

サンメッセ日南へのアクセスと近くの観光スポットは何がある?

鵜戸神宮 日向灘

サンメッセ日南はJR宮崎駅前のバスセンターから約1時間20分、車の場合は宮崎市内から約50分、宮崎IC・宮崎空港から約40分でたどり着くことができます。
また、サンメッセ日南の近くには観光スポットが点在しているのであわせて訪れると良いでしょう。鬼の洗濯板や青島神社は、宮崎市街や空港から車で行く際の途中にあり、運玉投げやシャンシャン馬で人気の鵜戸神宮までは車で約10分です。

モアイ像などまるで南国のような雰囲気の景色が楽しめる、サンメッセ日南。常夏の宮崎への旅行をお考えの方は、ぜひ訪れてみてくださいね。

■サンメッセ日南
住所
宮崎県日南市大字宮浦2650
営業時間
9:00~17:00
定休日
第一、第三水曜日(8月、祝日を除く)
入園料
大人/700円、中学生/500円、4歳以上/350円
電話番号
0987-29-1900
※情報は記事公開日時点のものになります。