沖縄・石垣島の絶景スポット川平湾♪ ミシュラン星3つの海を見に行きませんか?

石垣島は沖縄本島の南に位置する島。島の周囲はサンゴ礁に囲まれていて、一年を通して温暖な気候で南国特有のカラフルな花々が咲き誇ります。そんな石垣島の名所のひとつが、国の名勝にも指定されている川平湾!世界有数の透明度を誇る川平湾の魅力をたっぷりご紹介します♪

1度は行きたい沖縄離島の絶景、川平湾の魅力とは?

川平湾

川平湾は黒真珠の養殖場としても知られ、いくつもの小島に囲まれています。その美しさから“1度は行きたい離島”と言われるほどです。駐車場から歩いて1分、小道を抜ければ澄んだエメラルドグリーンの川平湾が一望できます。波は穏やかですが、潮流は激しく泳ぐことができないのでご注意を。泳げないなんてつまらない?いいえ、そんなことはないのです!

■川平湾
住所
〒907-0453 沖縄県石垣市川平1054

ミシュラン星3つを獲得した美しい海をグラスボートで見よう!

川平湾 ボート

エメラルドグリーンの海に広がるのは、遊泳禁止だからこそ保てている魚や珊瑚の色トリドリの美しい海中の風景♪大人気のクマノミにも出会えちゃうかも。
気軽に見られるのでおすすめなのがグラスボート!川平湾でグラスボートを営業しているお店は複数ありますが、ほとんどが9時~17時の営業で所要時間は約30分。15分おきに出航しているのでそれほど待つことなく利用できますよ。沖縄なまりでゆるく面白く解説してくれるのを聞いてるだけでも楽しいので絶対オススメ!

■グラスボートについて
レジャーランドぐるくん
通常購入…大人(中学生以上)/1,030円、小人(小学生)/520円、未就学児童/無料(要保護者同伴、二人目以降小人料金)
インターネット事前予約…大人(中学生以上)/830円、小人(小学生)/420円、未就学児童/無料(要保護者同伴、二人目以降小人料金)
※インターネット事前予約でオリジナルポストカードプレゼント
川平マリンサービス
大人(中学生以上)/1,030円、小人(小学生)/520円、未就学児童/無料(要保護者同伴、二人目以降小人料金)
営業時間
9:00〜17:00
定休日

石垣グルメを楽しむなら「おいシーサー遇」で沖縄そばとデザートにジェラートをいただこう!

Arkeyさん(@bokuarkey)がシェアした投稿

地元の人からも評判の高い沖縄そばをいただけるのが、川平駐在所の裏にある、大きなシーサーが目印のお食事処「おいシーサー遇(ぐう)」現在の八重山地方はストレートで細い丸麺が主流ですが、こちらは1972年頃まで八重山地方で主流だった平麺タイプをあえて作っているというこだわりのお店。麺は普通麺、よもぎ麺、ピパーチ(島胡椒)麺、唐辛子麺の4種類から選べ、卵、保存剤、着色剤などは入っていないので、安心していただけます。
※唐辛子麺は唐辛子の入荷具合により無い日も有り

自家製なのは麺だけじゃないんです!沖縄そばのお店かと思いきや、なんとジェラートも自家製で作られているそう。その数なんと18種類!沖縄らしいゴーヤ味や、パッションフルーツ味のジェラートなんていうものも。ちょっと一休みにいかがでしょうか?

■おいシーサー遇
住所
沖縄県石垣市川平906-1
営業時間
11:00~17:00
定休日
電話番号
0980-88-2233

空港から川平湾へのアクセス

kaoruさん(@kaorus1102)がシェアした投稿

空港からバス利用の場合は、米原キャンプ場行きのバスが12時と15時発の2本運行されています。石垣空港に到着してその日のうちに川平湾へ行くのならこの方法が最速で、所要約40分です。
その他の時間帯であれば、バス空港線を使用して空港からバスターミナルまで約35分、バスターミナルで川平リゾート線のバスに乗り換え、川平方面行きのバスに乗車し約40分という行き方があります。「空港線」は30分間隔で運行されていますが、「川平リゾート線」は1日に6本程度しかないので、事前に時間を確認してください。

空港から車の場合は、空港から北西方面に向かって約25km、40分程度の道のりです。バスは本数が少なく、レンタカー付きプランなども多いので、免許があれば島内観光はレンタカーの利用がオススメです。

この記事は2017年7月11日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。