子供も大人も登山が気軽に楽しめる!人気の筑波山へ行ってみよう!

昔から「西の富士、東の筑波」と讃えられ、日本百名山にも選ばれている筑波山。ケーブルカーとロープウェイを利用すれば子供から大人まで誰でも気軽に山頂まで行けることもあり、関東屈指の人気がある山です。そんな筑波山の見どころと筑波山グルメをご紹介します。

ケーブルカー&ロープウェイで頂上へ

筑波山は、標高871mの男体山(なんたいさん)と女体山(にょたいさん)という2つの峰からなります。両山頂は連絡路で繋がっていて片道30分程度とそれほど遠くなく、時間と体力に余裕があればどちらも登頂することが可能。中間地点の御幸ヶ原(みゆきがはら)と女体山頂の道中には「ガマ石」と呼ばれ親しまれている巨石があり、願い事が叶うパワースポットとして人気があるんですよ。

ダイヤモンド筑波山
提供:茨城県|ダイヤモンド筑波山

男体山山頂へは、筑波山神社の隣にある宮脇駅からケーブルカーに乗車します。約1,600mの距離を8分かけてゆっくりと進む車窓からは、季節ごとに異なる自然の景色を楽しむことができます。

Atsukoさん(@at.s_goma)がシェアした投稿

女体山頂へのロープウェイは、つつじヶ丘駅から女体山駅までの約1,300mを6分で結んでいます。女体山の標高は男体山より6m高いので、より高い方を目指したい方は女体山へ登るとよいでしょう。

■筑波山ケーブルカー・ロープウェイ(筑波観光鉄道株式会社)
所在地
茨城県つくば市筑波1
営業時間
月によって違うので要確認
ケーブルカー料金
大人(中学生以上)/片道・580円、往復・1,050円
子供(6歳~小学生)/片道・290円、往復・530円
ロープウェイ料金
大人(中学生以上)/片道・620円、往復・1,100円
子供(6歳~小学生)/片道・310円、往復・550円
往復セット料金
大人(中学生以上)/1,500円、子供(6歳~小学生)/750円
電話番号
029-866-0611(筑波観光鉄道株式会社)

縁結びのパワースポット「筑波山神社」

筑波山神社

男体山の中腹から山頂までを境内とする筑波山神社は約3,000年の歴史を誇り、古事記にも登場する由緒ある古社。筑波男大神(いざなぎのみこと)、筑波女大神(いざなみのみこと)の夫婦神が祀られていることから縁結びや夫婦円満のご利益があるとされ、多くの人が参拝に訪れます。境内の随身門近くにそびえる大杉は、樹齢約800年、高さ32m、幹周9.8mもあるとても立派なご神木で、パワーを感じさせます。ぜひ筑波山登頂前に参拝して、ご利益をいただいていきましょう。

■筑波山神社
住所
茨城県つくば市筑波1
電話番号
029-866-0502

ぜひ味わいたい筑波山名物

@youye.gangyeがシェアした投稿

筑波山ではケーブルカー、ロープウェイ駅付近の売店で、様々な筑波山名物を味わうことができます。
一つ目は、ケーブルカーが発着する宮脇駅付近の「宮脇駅売店」の季節のソフトクリーム!この他に、茨城県の銘柄豚肉ローズポークを使用した「ローズポークまん」もおすすめです。
二つ目は、ロープウェイのつつじヶ丘駅付近にある「つつじヶ丘レストハウス」の「つくばうどん」。おすすめは、“筑波茜鷄「つ」くね、地元で採れたゴボウなどの「く」ろ野菜、ローズポークの「ば」ら肉”と、地産小麦とレンコンパウダーがミックスされた麺を使用しているため、それぞれの頭文字をとって名付けられたご当地うどんです。

■宮脇駅売店
営業時間
9:00~17:00
電話番号
029-866-0628
■つつじヶ丘レストハウス
営業時間
9:00~17:00
電話番号
029-866-0918

気軽に山頂まで登ることができ、ご当地グルメも楽しめる筑波山。毎年10~2月末の土日祝日にはロープウェイの夜間運行“スターダストクルージング”が行われ、眼下に関東平野の夜景を楽しむことができます。世代を問わず楽しめる筑波山に出かけてみませんか?

※情報は記事公開日時点のものになります。