夏といえばこの景色!関東にあるオススメのひまわり畑3選

夏らしいひまわり畑は、ぜひ行きたい夏のスポットですよね。今回は都内からアクセスしやすい、関東エリアのオススメひまわり畑3ヶ所をご紹介。見ているだけで元気になるひまわりを見に、お出かけしてみませんか。

日本では珍しい八重ひまわりを楽しめる茨城県「あけのひまわりフェスティバル」

明野ひまわり

茨城県筑西市では、毎年8月下旬から9月初めにかけて、「あけのひまわりフェスティバル」を開催しています。こちらは、日本では珍しい「八重ひまわり」を栽培。「八重ひまわり」は、一般的なひまわりと比べると小ぶりですが、花弁が多く華やかな見た目が特徴です。茨城県のシンボル筑波山を背景に、約100万本のひまわりを見ることができますよ。

y2u1j0iさん(@y2u1j0i)がシェアした投稿

ひまわりは太陽の方角に向いて咲くため朝に見るのがいい、と言われますが、成長したひまわりは向きが固定されるので、その時期であれば時間帯を気にしなくても大丈夫。ひまわりが見頃を迎えているフェスティバル期間中は、常に朝日と同じ東を向いて咲き揃っています。夕方に行ってもきれいな風景を観賞できるのも、こちらの施設の魅力なんです。

ひまわり

フェスティバル期間中は、ひまわり畑を自由に観賞することができますが、切り花の販売やワークショップなどのイベントも開催。公式サイトには開花状況やイベント内容が載っているので、行く前にチェックしてみてくださいね。
東京から車で行く場合は、常磐道「土浦北I.C.」を経由して約1時間30分。公共交通機関を利用する場合は、東北新幹線「小山駅」でJR水戸線に乗り換え「下館駅」下車、そこからタクシーまたはシャトルバスで向かいます。所要時間は合計約2時間です。

■あけのひまわりフェスティバル
住所
茨城県筑西市倉持地区(茨城県立明野高等学校南東周辺)
電話番号
0296-20-1160 (筑西市観光協会)
開催期間
2018年8月25日(土)~9月2日(日)
見学時間
日の出〜日の入りまで可
料金
無料

雄大な自然に囲まれた群馬県の「大岩フラワーガーデン」

松崎 貴治さん(@takaharu0121)がシェアした投稿

群馬県の中之条町にある「大岩フラワーガーデン」。こちらは、標高700mの大岩の麓にある観光ガーデンです。周囲には人工物がなく、自然に囲まれたひまわり畑を楽しめるのが魅力。夏から秋にかけては、約50万本のひまわりが見頃となり、美しい景色を見ることができますよ。平坦なひまわり畑ではなく、山の傾斜に沿って植えられているので、より奥行きのある写真が撮れるのが魅力♪公式サイトには、開花状況が掲載されているので、お出かけ前にチェックしましょう。

四万温泉

東京から車で行く場合は、関越自動車道「渋川伊香保I.C.」を経由、2時間30分ほどの道のりです。公共交通機関を利用する場合は、上越線特急草津号に乗り「中之条駅」で下車。駅からはタクシーを利用してください。合計所要時間は約2時間です。
ガーデンの周辺には、「にっぽんの温泉100選」で15年連続1位に輝く草津温泉や、四万温泉があるので、ぜひ併せてお立ち寄りくださいね。

■大岩フラワーガーデン
住所
群馬県吾妻郡中之条町大字上沢渡3215
電話番号
0279-66-2252
開園時間
9:00~17:00(春〜秋のみ営業)
休園日
営業期間中は無休
入園料
700円

都内でひまわり畑を楽しめる穴場スポット「こうちゃんちの野菜 in 世田谷」

kobayashi syuujiさん(@koba.syuu)がシェアした投稿

東京にひまわり畑はないの?という方にお教えしたいのが「こうちゃんちの野菜 in 世田谷」。二子玉川駅からバスで約15分のところにあるひまわり畑です。住宅地にありながら、約2万本のひまわりが咲く穴場スポットなんですよ。無料で楽しめちゃうのもうれしいですよね♪見頃は例年7月下旬~8月初旬。開花状況は公式サイトで確認できますよ。
こちらへのアクセスは、二子玉川駅から小田急または東急バスに乗って約15分、「永安寺(えいあんじ)」で下車。バス停からは歩いて約5分です。駐車場はないので、ご注意ください。

■こうちゃんちの野菜 in 世田谷
住所
東京都世田谷区宇奈根3-1-21
満開時期
7月下旬〜8月初旬(予定)
入園料
無料

関東だから行きやすい3つのひまわり畑。周辺の自然や観光地も楽しみつつ、ぜひ夏の思い出の1ページに加えてください♪

※情報は記事公開日時点のものになります。