群馬県の観光スポット「吹割の滝」で春の新緑から秋の紅葉まで堪能しよう!

群馬県きっての景勝地「吹割(ふきわれ)の滝」。春から秋まではハイキングスポットとして、周辺観光と共に愛されています。今回はそんな吹割の滝の見どころや行き方を紹介します!

「吹割の滝」はどんな滝?竜宮伝説とは?

吹割の滝 新緑が映える

群馬県沼田市にある吹割の滝は、1936年に天然記念物および名勝に指定された幅30m高さ7mの滝で、“東洋のナイアガラ”とも呼ばれています。滝から吹き上がる水しぶきが河床を割くように流れているように見えたことから、この名がつけられました。「日本の滝百選」にも選ばれている景勝地で、春から秋にかけて美しい自然と共に滝を見ることができます。
また、「吹割の滝」には“竜宮伝説”があり、その昔「竜宮」に通じていると信じられていました。村に振舞ごとがあるたびに、吹割の滝を通じて竜宮から膳椀を借りたそうです。しかし、一組だけ返し忘れてしまったことがあり、それ以来膳椀を貸してもらえなくなったそうです。そのとき返し忘れた膳椀は「竜宮の椀」と呼ばれ、今でも大切に保存されているそうです。こちらは一般の方が保管していて見学はできませんが、ちょっと不思議で面白いですよね。

春から夏は緑が眩しいハイキングコースを満喫!

吹割の滝 観瀑台より

春から夏にかけては、緑が映える涼しげなハイキングスポットとして多くの観光客で賑わいます。滝のそばまで行くことができるほか、渓流沿いの遊歩道を歩いてハイキングをしたり、観瀑台からダイナミックな景色を楽しんだりと、楽しみ方は色々です。

秋は木々が色づく紅葉スポットに!見ごろや混雑状況は?

吹割の滝 紅葉

秋は紅葉の絶景が楽しめるスポットとしてたくさんの方が訪れます。春から夏同様に滝のそばまで行けるので、他では撮れないような紅葉写真が撮れるかも!
見ごろは例年10月下旬~11月上旬にかけて。栃木県日光市と群馬県上田市を結ぶ日本ロマンチック街道という観光ルート上にあるので、紅葉の時期の土日や連休は道路の混雑が予想されます。避けられるようなら避けた方が良いでしょう。

 

遊歩道で散策しよう!冬季閉鎖はいつから?

吹割の滝 吊橋

吹割の滝周辺は遊歩道が整備されており、気軽に散策を楽しむことができます。駐車場や道の駅がある遊歩道入口から入り、鱒飛の滝~般若岩~吹割の滝~浮島橋~浮島観音堂~吹割橋~詩のこみち~第一鑑瀑台~第二鑑瀑台を通るコースは、全長約2㎞、約1時間のコースです。各所で、吹割渓谷の大自然を満喫することができますよ。この遊歩道は12月中旬〜4月中旬まで冬期閉鎖されますので、ご注意ください。

「吹割の滝」へのアクセスは?駐車場はある?

吹割の滝へのアクセスは、車の場合、関越道沼田ICよりR120を経由し、日光方面へ日本ロマンチック街道を約30分行くと着きます。駐車場についてですが、民間の駐車場には「無料駐車場」「有料駐車場」「商品券等の交付による駐車場」の3種類があり、時間や料金は前もってよく確認しておきましょう。
公共交通機関利用の場合はJR沼田駅を起点に、関越交通バスで老神温泉経由 鎌田・戸倉・大清水方面行きに乗り約40分、「吹割の滝」下車です。
バスの時間帯を気にせず効率よく観光ができる日帰りバスツアーも東京方面からたくさん出ているのでおすすめ!日帰りバスツアーの旅費は、8,000円~12,000円程度です。

■吹割の滝

季節ごとの風景が楽しめる吹割の滝。観光地が点在する日本ロマンチック街道にあり、車なら他の観光地と合わせて行くのもいいですね。ぜひ、まばゆい緑の景色から、紅葉に色づく絶景まで楽しんで見ましょう!

この記事は2017年7月16日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。