チマチョゴリを着て行ってみよう!韓国・ソウルの世界遺産「景福宮」

京都や鎌倉で着物を着て歩くように、韓国の歴史ある街並みをチマチョゴリを着て歩いてみたくありませんか?伝統衣装を身にまとって歴史的スポットへ繰り出せば、まるで自分もその景色に溶け込んでいるかのような気分で観光でき、さらに雰囲気抜群の素敵な写真も撮れちゃいますよ♪そんな楽しみ方におすすめな、ソウル一大きな王宮「景福宮(キョンボックン)」についてご紹介します。

韓国を代表するソウル最大規模の王宮「景福宮」

景福宮

ソウル市内にある5大王宮の中で最も大きく、敷地面積12万6337坪を誇る景福宮。朝鮮王朝時代の1395年に創建され、王の政務・生活の場として実際に使用されていたこの王宮は、600年以上の歴史を持つ、韓国を代表する史跡のひとつです。テレビドラマにも登場する場所なので、韓流好きの方は目にしたことがある場所かもしれません。広大な敷地内にある建物は、その建築美が高く評価されていて、公式行事などが行われた「勤政殿」、池に浮かぶ「慶会楼」は特に素晴らしいと言われます。

景福宮随一の景色「香遠亭」と「王宮守門将交代儀式」

香遠亭

池を掘って人工の島を造り、そこに建てられたのが「香遠亭」。後方にそびえる「北岳山」と調和した景色が素晴らしく、景福宮で最も美しい眺めと称賛されます。当時の王は島に架けられた木製の橋を渡って散歩を楽しんでいたそう。池のほとりに立つそんな情景が浮かぶ、とても風情のある場所です。
また、宮廷文化を再現した「王宮守門将交代儀式」は、格式ある王宮の雰囲気が味わえるのでおすすめ!月曜日と悪天候の日を除き、1日2回、10:00と14:00に開催されます。交代儀式終了後には、守門将と記念撮影できる時間が設けられているのでぜひ記念にいかがでしょう。さらに、夏の期間中は夜間特別観覧が実施され、美しくライトアップされた王宮を楽しめるので要チェックです!

チマチョゴリを着て行くと入場無料って本当!?

景福宮でチマチョゴリを着ている女性

なんと、景福宮はチマチョゴリを着て行くと入場料が無料になるんです!周辺にはレンタルショップがたくさんあるので、直前でも手軽に衣装を借りることができます。気に入ったチマチョゴリを着て、王宮の建物をバックに撮影すれば、SNS映え間違いなしの素敵な写真が撮れますよ♪1日3回(10:00・12:30・14:30)の無料日本語ガイドツアーや、デジタルガイド(3,000ウォン)の貸し出しもあるので、事前にHPをチェックして、観光プランを立ててみてください。また、景福宮の敷地内には、朝鮮王朝の歴史や文化について展示している「国立古宮博物館」、韓国の生活文化を紹介している「国立民族博物館」があり、一日たっぷり遊んで過ごすことができます。

■景福宮(キョンボックン)
住所
ソウル市鍾路区世宗路1-1
営業時間
3~5・9・10月9:00~18:00
7・8月/9:00~18:30
11~2月/9:00~17:00
※閉園1時間前最終入場
定休日
火曜日
入場料
大人(19~64歳)/3,000ウォン
小人(7~18歳)/1,500ウォン
電話番号
+82-237-003-900

一日遊べて見どころ満載!チマチョゴリを着ただけで無料になるという景福宮へぜひ行ってみてくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。