“東洋のガラパゴス”沖縄・西表島!海、川、森をアクティビティで満喫しよう!

西表島(いりおもてじま)と聞くと国の特別天然記念物イリオモテヤマネコを思い浮かべる人が多いのでは?90%を亜熱帯のジャングルが占めるこの島には固有の生物が多く、イリオモテヤマネコをはじめとした珍しい動物が生息する自然の宝庫であることから“東洋のガラパゴス”と呼ばれています。
マングローブの森でのカヌー体験や美しいサンゴ礁が広がる海でのシュノーケリングなど、大自然を舞台に様々なアクティビティが楽しめる大人気のスポットをご紹介します。

マングローブ流域面積日本一を誇る「仲間川」

マングローブ

西表島の西部をゆったりと流れる仲間川。河口から10kmあたりまでの海水と淡水が混じる一帯には日本最大の流域面積を誇る広大なマングローブ林が広がっています。その面積は300ヘクタールにも及び、何と日本全体のマングローブ林面積の4分の1にあたります。
上流には国指定天然記念物ウブンドルのヤエヤマヤシ群落や、樹齢400年といわれるサキシマスオウノキがあり、遊覧船で訪れることができます。
また、遊覧船乗り場から徒歩10分ほどのところにある展望台からは、ジャングルを流れる仲間川の雄大な風景を楽しむことができますよ。

■仲間川

水牛でのんびり訪ねる由布島

由布島

西表島の隣にある由布島へは、遠浅の海を400mほどのんびりと水牛車に揺られて渡ります。外周わずか2.15kmという小さな島の中は色鮮やかな花が咲き乱れており、植物園には20種類以上のヤシ類や亜熱帯の植物、果樹が植えられているので、沖縄らしい自然をたっぷりと満喫できます。
島内には八重山そばを中心に沖縄の郷土料理が味わえるレストランや、由布島ならではの水牛グッズや民芸品等を扱うショップもありますよ。西表島を訪れたら、ぜひ由布島まで足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

■由布島
往復水牛車・入園料
大人/1,720円、子供(小学生)/860円、幼児(小学生未満)/無料
徒歩・入園料
大人/600円、子供(小学生)/300円、幼児(小学生未満)/無料
水牛車運行時刻表
西表島発/始発9:00、9:15~16:15まで30分おき、最終16:15
由布島発/10:00~17:00まで30分おき、最終17:00
電話番号
0980-85-5470

多彩なアクティビティで海、森、川の大自然を満喫!

西表島の旅行会社や民宿、ホテルではカヌーやカヤック、シュノーケリング、トレッキングなど、自然を相手にしたアクティビティがたくさん用意されています。

高い透明度の西表島の海の楽しみといえば何といってもシュノーケリング。美しい熱帯魚やサンゴ礁はもちろん、ウミガメに遭遇するチャンスもありますよ。

そして海から川をカヌーやカヤックで遡りながらマングローブの林を抜け、ジャングルの奥地を目指すツアーは西表島の定番アクティビティです。風を受けながら自分で漕いでマングローブの林に近づきます。
沢歩きで登っていくシャワ-トレッキングやキャニオニングもおすすめで、川を泳いだり歩いたりしながら滝つぼを目指し、滝つぼに着いたらジャンプして飛び込む。スリル満点のアクティビティです。
さらには、大自然が何万年、何億年とかけて作り出した天然の鍾乳洞を目指し、ジャングルの中を探検するツアーもありますよ。

星空や日本一小さな蛍ヤエヤマホタル、夜咲いて早朝散ってしまう神秘の花サガリバナの観賞など夜や早朝に楽しむアクティビティもあります。ナイトツアーでは、珍しいヤシガニ、イリオモテヤマネコ、ヤエヤマオオコウモリなどが見られるかもしれませんよ!

西表島へのアクセスは?

上原港

沖縄本島から約460km離れ、地理的にはなんと台湾のほうが近いという西表島ですが、空港がないため石垣島に飛行機で渡り高速船もしくはフェリーで上陸します。石垣島からは仲間川の入り口に位置する大原港と北部の上原港を結ぶ2つの航路があり、高速船の所要時間はそれぞれ35分~45分ほどです。観光の時間や目的地によってどちらの港にするか事前に計画をたてておきましょう。

■定期高速船 八重山観光フェリー
石垣~大原港間 運賃
大人片道/1,570大人往復/2,980子供片道/790子供往復/1,500
石垣~上原港間 運賃
大人片道/2,060大人往復/3,910子供片道/1,030子供往復/1,960
電話番号
0980-82-5010

星砂の浜

このほかにも、星の形をした星砂が多く見られる星砂の浜や、老人のヒゲのように白く流れ落ちるピナイサーラの滝など、沢山の見どころを持つ西表島。一生に一度は行ってみたいですね!

※情報は記事公開日時点のものになります。