息を呑む青の絶景“仁淀ブルー”が必見!高知県の仁淀川を訪ねてみよう!

高知県の「仁淀川(によどがわ)」は、河川の水質ランキング(国土交通省調べ)で平成24年から4年連続1位という、日本一の透明度を誇る川です。その青の絶景は“仁淀ブルー”と呼ばれ、神秘的な美しさが話題となっています。「仁淀川」の青い理由と、その見どころをご紹介しましょう。

愛媛県の渓谷「面河渓」に端を発する「仁淀川」の青い理由

仁淀川

高知県の「仁淀川」は、愛媛県石鎚山の麓近くの「面河渓(おもごけい)」に端を発しています。ここからの水の透明度もさることながら、特に川底の岩の色が白いので、その青い色が際立って見えるのです。光の当たる角度により、まるで川の水が輝いているように見えます。仁淀川の絶景ポイントは、滝つぼのある「にこ淵」と、仁淀川で一番美しいと言われる「水晶淵」。ぜひ“仁淀ブルー”を体感してみてくださいね。

■仁淀川

美しい仁淀川を眺めながらスイーツはいかが?

aki.fさん(@monkeybeads)がシェアした投稿

仁淀川散策の途中、美しい景色を眺めながらのカフェタイムはいかが?「高知アイス売店」では、土佐ジローのタマゴを使った濃厚な「ソフトクリーム」がおすすめ。しっとりとしたパンケーキとソフトクリームが一度に味わえる「パンケーキdeソフト」も人気です。「池川茶園 工房Cafe」では、茶農家自慢のお茶をふんだんに使った「茶畑プリン」がおすすめ。緑茶をたっぷり使用した「かぶせ茶プリン」と、独特の香ばしさの「ほうじ茶プリン」の2種があり、お土産にもぴったりです。

■高知アイス売店
住所
高知県吾川郡いの町柳瀬上分807-1
営業時間
平日/11:00~17:00(L.O.16:30)、土日祝・GW・お盆/10:30~18:00(L.O.17:30)
※12月~2月まで土日祝は10:30~17:00(L.O.16:30)
定休日
第2・第4月曜日(7・8月除く)年末年始 月曜日が祝日の場合は翌火曜日
■池川茶園 工房Cafe
住所
高知県吾川郡仁淀川町土居甲695-4
営業時間
10:00~18:00
定休日
不定休
電話番号
0889-34-3100

宿泊は「土佐和紙工芸村くらうど」へ

マドカさん(@mapyuu)がシェアした投稿

「土佐和紙工芸村くらうど」は、仁淀川のほとりの体験型道の駅です。ここでは、「土佐和紙手すき体験」や「はた織り体験」ができるほか、仁淀川の伏流水を使用したスパや宿泊施設があります。もちろん、地元の食材を生かしたランチやディナーを楽しめるレストランも。アクセスは、高知市内から車で約40分、JR伊野駅からは高知県交通バスで15分・岩村下車すぐとなっています。

■土佐和紙工芸村くらうど
住所
高知県吾川郡いの町鹿敷1226
電話番号
088-892-1001

透明度日本一の美しい仁淀川を散策しながら、スイーツを楽しんだり、体験型の道の駅で「土佐和紙手すき体験」や「はた織り体験」など、高知県へ行った際には是非立ち寄りたいスポットが満載です!

この記事は2017年7月17日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。