バスでゆったり巡ろう♪ 鎌倉観光王道スポット4選をご紹介!

都心からのアクセスがよくそれぞれに魅力があるので、小旅行で人気の高い鎌倉。今回は、特に多くの観光客が訪れる鎌倉王道スポットを4つご紹介します。

鎌倉の歴史を物語る! 鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮

最初にご紹介するのは、鎌倉の象徴ともいうべき鶴岡八幡宮。1063年、奥州を平定して鎌倉に戻ってきた源頼義が、源氏の氏神である京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺に移したことが始まりとされています。それ以来武家から厚く崇敬され、江戸時代には幕府の庇護を得るなどして続いてきました。

見どころは国の重要文化財にも指定されている本宮。江戸幕府第11代将軍徳川家斉が再建したものとされ朱色に鮮やかな彫刻が映えて荘厳な雰囲気が漂います。
また境内には庭園が広がっており、春には桜、夏には蓮の花が咲き、秋には紅葉や彼岸花が鮮やかです。冬には雪景色が楽しめますよ。

■鶴岡八幡宮
住所
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
電話番号
0467-22-0315

厄除けしたい女子必見! 鎌倉宮

Keita Morozumiさん(@brgtnc)がシェアした投稿

明治天皇の勅命で1869年に建立された鎌倉宮は、厄除けしたい女子におすすめのスポット。境内に入ると、まず拝殿前にある巨大な獅子頭が目に入ります。この獅子頭は、鎌倉宮の祭神である護良親王が兜に獅子頭のお守りを忍ばせて戦に赴いたことに由縁し、「厄(悪いもの)を食べ、幸せを招く」というご利益があるんだとか。参拝客は小さな獅子頭をお守りとして持ち帰ることができます。

また、境内にある厄払いスポット「盃割り舎」もおすすめ。小さな素焼きの皿に息を吹きかけて自分の厄を移し、石に投げつけて杯を割ることでその厄を払うことができます。杯を割るだけでも気分がスカッとしますが、もし上手く割れなくても、拝殿の右手にある「撫で身代わり様」像を撫でて身代わりになってもらえば大丈夫ですよ。

■鎌倉宮
住所
神奈川県鎌倉市二階堂154
電話番号
0467-22-0318

ミシュランにも掲載された竹林を眺めながらゆったり♪ 報国寺

報国寺

1334年創建の臨済宗建長寺派に属する報国寺は、ミシュラン・グリーンガイドにも掲載された竹林の庭があることで有名。足利家や上杉家にもゆかりのある由緒ある古刹です。こちらの竹林をゆったり楽しみたいなら、入口で拝観券とともに抹茶券を買っておきましょう。このチケットがあれば、庭の奥にある休耕庵で竹林を眺めながら抹茶をいただくことができます。

また、報国寺では坐禅会を開催しています。毎週日曜日8:00~10:30の早朝に行われる坐禅会で、作法などに厳しいため公式HPに「多少覚悟を持ってお越しください」と書かれています。本格的な坐禅を経験して、気持ちを入れ替えるのも良いかもしれませんね。

■報国寺
住所
神奈川県鎌倉市浄明寺2-7-4
電話番号
0467-22-0762
HP
http://www.houkokuji.or.jp/

猫寺としても知られる光明寺

初谷 哲さん(@satoshi_hatsuya)がシェアした投稿

1243年、鎌倉幕府第四代執権の北条経時によって建立された光明寺(こうみょうじ)は、国の重要文化財にも指定された鎌倉地方最大の木造の本堂を擁するお寺。四季折々の景色が楽しめるスポットであり、春には桜に包まれ、夏には庭園の蓮が花を咲かせます。また猫寺としても知られていて、門をくぐると境内のあちこちで日向ぼっこする猫たちに出会うことが出来ますよ。

見どころは「かながわの景勝50選」にも選ばれた、寺の裏山から見る景色。由比ヶ浜の海を見渡すことができ、晴れた日には江ノ島や富士山まで望むこともできます。ちなみにここからの景色は、映画『シンゴジラ』でゴジラが上陸しようとするシーンに登場したんですよ。

■光明寺
住所
神奈川県鎌倉市材木座6-17-19
電話番号
0467-22-0603

今回ご紹介したスポットは鎌倉の有名どころばかり!鎌倉観光に訪れる際は、こうしたスポットを中心に散策の予定を立ててみてはいかがでしょうか。

※情報は記事公開日時点のものになります。