長野県のレトロな旅館「渋温泉 金具屋」!古き良き時代へタイムスリップ♪

長野県北部にある温泉街の渋温泉。登録有形文化財にも指定されている、「歴史の宿 金具屋」という、昔ながらの建物を今も使っているレトロな風情が漂う宿があります。この宿の魅力をご紹介します!

比べてみたい!泉質の異なるお風呂

金具屋の外観

4つの専用源泉を所有しており、さらに5つの共同引湯の権利も持っている金具屋。湧き方や泉質もそれぞれ異なる源泉を、隈なく楽しめるのが魅力のひとつです。 露天風呂である龍瑞露天風呂のお湯は、無色透明で弱アルカリ性。ナトリウムやカルシウムの多い泉質なので「美肌の湯」になれると親しまれているんです。
内風呂の鎌倉風呂は渋温泉の大源泉をはじめとした、ほか近隣の湯と混合になっていて白い湯花となっています。
浪漫風呂はローマの噴水をイメージした洋風の内風呂。地下3mという非常に浅いところから湧く源泉を使用しているお風呂なので、鉄分が多く湯の色は少し黄色に濁ったように見えますよ。

貸切風呂は5つもある

金具屋のお風呂の画像

無料で入れる貸切風呂が魅力で、特に予約などの必要がなく、空いていたら内側から鍵をかけて入るスタイルです。貸切風呂は5つあり、1番大きくて船の形をした家族で入浴するのにオススメな「和予の湯」。木曽地方の銘木を使った、木の香りが漂う円形の「美妙の湯」。浅間山の溶岩で作られた「恵和の湯」。同じく浅間山の石を使っていて、縁だけ木製の「子安の湯」。山の斜面を掘って作ったダイナミックな「岩窟の湯」。特に人気の高い「岩窟の湯」は、他の4つの貸切露天と泉質が異なるので是非入ってみて下さいね♪

渋温泉 金具屋への行き方は?

北信州渋温泉街にある金具屋。電車で行くなら湯田中駅を目指しましょう。湯田中駅から長電バスに乗り約10分。「渋温泉」または「和合橋」にて下車し、徒歩2分です。湯田中駅へは長野駅より長野電鉄に乗り換えていけるので、都心から新幹線を利用して3時間30分ほどで着きます。
車利用なら上信越自動車道・信州長野ICより国道292号線を志賀高原方面へ約20分。都心からなら約4時間です。

■渋温泉 歴史の宿 金具屋
住所
長野県下高井郡山ノ内町平隠2202
TEL
0269-33-3131

併せて寄りたい観光スポット

地獄谷野猿公苑

渋温泉の湯に浸かったついでに立ち寄りたい、オススメの観光地をご紹介します!まずは、冬場にはスキー場としても有名な「志賀高原」。雪のない季節はトレッキングコースが充実していて、不定期ですがイベントも開催されているので、一年を通して楽しめます。また、金具屋からすぐ近くの「地獄谷野猿公苑」では温泉に入るサルが見られるのも見どころのひとつ!可愛いサルの様子に、ほっこりしますよ♪お土産を買うなら「道の駅 北信州やまのうち」がオススメ!現地の特産品を購入してみてください。

レトロな趣ただよう温泉宿は、滞在するだけでも楽しくなりますよね。近くの観光スポットを訪れながら、ゆっくりと楽しんで見てはいかがですか?

この記事は2017年7月17日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。