香川県・小豆島で渓谷美に感動!寒霞渓の楽しみ方をご紹介♪

瀬戸内の穏やかな海に囲まれた、香川県小豆島。海をバックに白い風車が映える「オリーブ園」や、干潮時にのみ現れる恋人たちの聖地「エンジェルロード」など、風光明媚な離島として知られています。今回はそんな小豆島のなかでも、日本三大渓谷美のひとつに数えられる国の名勝「寒霞渓(かんかけい)」をご紹介します。

寒霞渓ってどんなところ?ロープウェイから眺める紅葉は圧倒的な美しさ!

寒霞渓ロープウェイ

寒霞渓は小豆島のほぼ中心、星ヶ城山や四方指に囲まれた山間にあります。およそ1300万年前の火山活動によってできた岩石が、地殻変動や浸蝕によって長い歳月をかけて形を変え、現在のような姿になったとされています。

紅葉の寒霞渓

春の新緑や夏の深まる緑、秋の紅葉、冬の水墨画のような雪景色など四季折々の景色が魅力で、とくに紅葉の季節は素晴らしい!山全体が真っ赤に染まるさまは壮観です。

ふもとから山頂までを結ぶロープウェイが運行していて、絶景を眼下に約5分間の空中散歩が楽しめますよ。時期によって営業時間が異なるので、事前に確認するのを忘れないでくださいね。

■寒霞渓
住所
香川県小豆郡小豆島町神懸通乙168
電話番号
0879-82-2171
■寒霞渓ロープウェイ
料金
大人/1,470円(片道810円)
子ども/740円(片道410円)
営業時間
3月21日~10月20日/8:30~17:00
10月21日~11月30日/8:00~17:00
12月1日~20日/8:30~17:00
12月21日~3月20日/8:30~16:30
定休日

絶景を間近で見たいなら登山がおすすめ!

寒霞渓には3つの登山道が整備されています。
1つ目の「寒霞渓表登山道」は、表12景をめぐる全長約2㎞、所要時間約1時間のゆるやかなコース。
2つ目の「寒霞渓裏登山道」は全長約1.8㎞、所要時間約1時間の裏8景を巡るコースです。
3つ目は小豆島最高峰、標高817mの星ケ城山頂上へと向かうコースで、全長約2.3㎞、所要時間は約1.5時間。山頂では瀬戸内海を一望できます。

体力に自信がない場合でも行きか帰りをロープウェイにすれば気軽に挑戦できますよ。

「幸せ祈願のかわらけ投げ」に挑戦!

寒霞渓を訪れたら山頂の展望台にある「幸せ祈願のかわらけ投げ」で幸せを祈願してみましょう。5枚の皿を設置してある輪の中に投げ入れるというもので、上手く入るとご利益があるんだとか。なかなか難しいようですが、せっかくなのでぜひ試してみてくださいね。

寒霞渓へのアクセスは?

小豆島エンジェルロード

小豆島の各港から車で約20~40分です。草壁港と土庄港からは定期観光バスと路線バスが出ています。路線バスは季節運行なので、事前に時間などを確認しておきましょう。レンタカーやタクシーなども利用できるので、ご自分に合ったアクセス方法を選んでくださいね。

今回は寒霞渓をご紹介しましたが、小豆島はインスタ映えするおしゃれなカフェや雑貨店も多いので要チェックですよ。自然に囲まれた絶景や離島ののどかな風景に癒されて見ては?

※情報は記事公開日時点のものになります。