熊本県・山鹿さんぽ♪レトロな町並みと画になる芝居小屋「八千代座」を訪ねよう。

熊本県山鹿市の芝居小屋「八千代座」をご存じですか?江戸時代の建築様式を用いて造られた築100年の建物で、国の重要文化財指定されています。八千代座を中心とした山鹿の情緒ある町並みをご紹介します。

八千代座とは?

八千代座

熊本市中心部から車で北へ約1時間のところにある山鹿市。江戸時代の伝統的な様式を今に伝える芝居小屋「八千代座」を中心に、趣ある町並みが広がります。
そんな八千代座は、明治43年に建てられました。山鹿の実業家“旦那衆”の尽力と、江戸時代の建築様式を受け継いだ職人たちが、その技を結集して築き上げたのだとか。昭和40年代になると娯楽の多様化で閉鎖状態が続き、建物も老朽化が進みましたが、八千代座の賑わいを知る地元のお年寄りたちが中心となって復興運動を展開。その努力が実を結び、昭和63年に国重要文化財に指定され、現在では坂東玉三郎さんや市川海老蔵さん、中村獅童さんなど名だたる歌舞伎役者たちが舞台に立っています。玉三郎さんはほぼ毎年公演を行っており、地元の人々にとって楽しみな恒例行事となっています。

建築様式に注目!

瓦屋根のどっしりとした木造2階建て。内部は四角に区切られた枡席や桟敷席、廻し舞台、演目の見せ場が繰り広げられる花道やスッポン、セリなど江戸時代の歌舞伎劇場の典型的な造りを残しています。また、天井には近代文化の始まりを感じさせる復元の真鍮製のシャンデリア、八千代座を造った旦那衆の店の当時の広告画があり、絵のタッチや文字の並び順などを見ていると、まるで100年前にタイムスリップしたようで、当時の観客たちのざわめきが聴こえてきそうです。公演日以外は内部が公開されており客席のほか楽屋や舞台、奈落まで見学できますのでぜひ入場してみましょう。

■八千代座
住所
熊本県山鹿市山鹿1499
電話番号
0968-44-4004
開館時間
9:00~18:00
定休日
第2水曜日、12月29日~1月1日
料金
一般(高校生以上)/520円、小・中学生/260円

八千代座周辺にも見どころがいっぱい!山鹿さんぽを楽しもう

江戸時代から豊前街道の宿場町として栄えた山鹿には八千代座以外にも当時の面影を残す古い家屋が建ち並び、カフェや国指定の伝統工芸品「山鹿灯籠」を展示している山鹿灯籠民芸館、明治時代から続く酒蔵に、九州最大級の木造温泉など見どころが沢山あります。

山鹿灯籠

山鹿の伝統工芸品である和紙と少量ののりだけで作られる山鹿灯籠は、その繊細さと美しさから和紙工芸の極致と評されます。山鹿灯籠民芸館では山鹿灯籠の名作の展示や、灯籠師とよばれる灯籠を製作する職人の制作実演を見学することができます。

山鹿灯籠祭り

毎年8月15、16日には山鹿灯籠祭りが開催され、夜には千人の女性が頭の上に山鹿灯籠を乗せて一同に踊る「千人灯籠踊り」は、幻想的でぜひ見ていただきたいイベントです。

■山鹿灯籠民芸館
住所
熊本県山鹿市山鹿1606-2
開館時間
9:00~18:00
電話番号
0968-43-1152
入場料金
一般/210円 小中学生/100円

KEIKOⓂ️さん(@keni_miura)がシェアした投稿

阿蘇山麓から湧き出る清らかな伏流水に育まれた良質な米で作る地酒が話題の老舗蔵元「千代の園酒造」もぜひ立ち寄っていただきたいスポットです。創業120年、元は米問屋だったことから原材料の米こだわって酒造りを行っています。敷地内には酒造資料館があり、無料で見学ができますし、日本酒の試飲もできますよ。

■千代の園酒造
住所
熊本県山鹿市山鹿1782
電話番号
月~金曜日/0968-43-2161
土・日曜日・祝日/0968-43-2162
営業時間
月~金曜日/08:00~18:00 土・日曜日・祝日/09:00~16:30
定休日
1月1日~4日

しばママさん(@tukinosibainu)がシェアした投稿

山鹿は九州有数の温泉地。入浴は散策途中に立ち寄りやすいさくら湯がおすすめです。江戸時代から山鹿温泉の元湯として市民の生活に密着した温泉でした。昭和48年に取り壊されるましたが、平成23年、昭和の面影を再現した九州最大級の木造温泉として甦り再び市民に親しまれています。その長い歴史によって醸し出される重厚な雰囲気の中、旅の疲れを癒してみてはいかがでしょうか?

■山鹿温泉さくら湯
住所
熊本県山鹿市山鹿1-1
電話番号
0968-43-3326
開館時間
6:00~24:00(最終入館16:30)
休館日
毎月第3水曜日(祝日の場合は翌平日)
料金
大人(中学生以上)/300円、子ども(3歳~小学生)/150円

山鹿へのアクセス

熊本駅から九州産交バスに乗車し90分。「山鹿バスセンター」下車。または新玉名駅から九州産交バスに乗車し50分。「山鹿バスセンター」下車。

昔ながらの芝居小屋は普段なかなか行く機会のない場所。ぜひ山鹿を訪れてレトロな町歩きと八千代座見学を楽しんでみてください。幻想的なお祭りも必見ですよ。

※情報は記事公開日時点のものになります。