高山植物の宝庫!山形県の月山・弥陀ヶ原へハイキングに出かけよう!

夏から秋にかけてハイキングが楽しめる山形県の月山・弥陀ヶ原。車やバスで行けるのでアクセスしやすく、高地ならではの美しい風景が楽しめる弥陀ヶ原の見どころをご紹介します。

「弥陀ヶ原」ってどんなところ?

月山弥陀ヶ原

弥陀ヶ原は、月山の八合目にあたる標高1,400m付近に広がる東西4km・南北2kmの湿原。「いろは四十八沼」と呼ばれる大小様々な池沼が点在し、湿地特有の植物を数多く目にすることができます。さらに、高山植物を観賞できる日本有数のスポットとも言われているんですよ。遊歩道が整備されているので誰でも気軽に訪れてハイキングが可能なのも嬉しいポイント。散策を楽しめる時期は夏から秋の数ヶ月のみです。

夏は130種類以上の植物が咲き誇る花の楽園

夏の弥陀ヶ原

7・8月は弥陀ヶ原の開花シーズンです。1日で開花し落花するオレンジ色の花「ニッコウキスゲ」、晴れの日に咲き雨の日は花を閉じる「ミヤマリンドウ」など130種類以上もの湿性植物が咲き誇り、一面に広がるその光景はまさに大自然が作り出したお花畑。誰もがその可愛らしい花々に目を奪われます。

美しく色づく秋の草紅葉

秋の弥陀ヶ原・草紅葉

弥陀ヶ原が最も美しくなる時期と言っても過言ではないのが9月下旬からの紅葉シーズンです。湿原を覆う植物が赤や黄、オレンジ色に染まる様子は、まるで極彩色の絨毯が敷かれているかのよう。そこに点在する池沼もまた神秘的な雰囲気を醸し出します。平地では見られない、弥陀ヶ原ならではの絶景です。

弥陀ヶ原までのアクセス

TAKATAKAさん(@medaka567)がシェアした投稿

東京から弥陀ヶ原へ行く際は、まず鶴岡駅を目指します。飛行機の場合は、羽田空港から庄内空港まで約1時間、リムジンバスに乗り換え鶴岡駅まで約30分。新幹線の場合は、東京駅から山形新幹線で山形駅まで約2時間30分、高速バスに乗り換え鶴岡駅まで約2時間。もしくは、上越新幹線で新潟駅まで約2時間、羽越本線に乗り換え鶴岡駅まで約2時間。
鶴岡駅から弥陀ヶ原のある月山八合目までは車かバスでのアクセスになります。車での所要時間は約1時間30分、路線バスでは約2時間、運賃は2,060円です。

■月山八合目 弥陀ヶ原
所在地
山形県東田川郡鶴岡市羽黒町
営業期間
7月1日~10月中旬
電話番号
0235-62-4727

今回ご紹介した弥陀ヶ原以外でも、月山の景色の美しさはとても人気で、さらに羽黒山、湯殿山と共に出羽三山の山岳信仰の本山として古来から聖地とされてきたパワースポットでもあるんですよ。ぜひパワー溢れる月山・弥陀ヶ原へ行ってみてくださいね。

■この記事で取り上げた施設について
※情報は記事公開日時点のものになります。