子宝と長寿と闘牛の島!奄美群島・徳之島で素敵な時間を楽しんでみませんか♪

奄美群島で2番目に大きく、人口約24,000人が暮らす「徳之島」。島内の3つの町が常全国上位をの出生率を誇るため昔から“子宝の島”と言われ、空港の愛称としても使われています。また、お年寄りが元気なことも有名で、長寿世界一としてギネス認定された方もいらっしゃいます。今回は、美しい自然に恵まれ生き生きとした人々が暮らす島・徳之島をご紹介します。

徳之島といえばこの2つ!「闘牛」&「トライアスロン」

徳之島 闘牛

徳之島は闘牛がとても盛んで7か所の闘技場があり、年3回(1、5、10月)開かれる全島大会では島民の1割を超える約3000人もの人たちが観戦に押し寄せます。また、例年6月下旬から7月初旬に開催されるトライアスロンは島の一大スポーツイベントです。豊かな自然を満喫しつつ競技を楽しめることから人気を集めており、毎年日本全国から多くの参加者がエントリーして盛り上がりをみせています。

夏のレジャーに最適!「ヨナマビーチ」

徳之島 ヨナマビーチ

ヨナマビーチは、島内屈指の景観の美しさで人気のあるビーチ。真っ白な砂浜と透明度抜群の海を目にすれば、日頃の疲れも一気に吹き飛んでしまいます。さらに、プールやオートキャンプ場、バンガローが併設されていて、海水浴以外のレジャーも併せて楽しめる夏場のアウトドアにぴったりのスポットなんですよ。ちなみに、トライアスロン大会がスタートするスイム会場にもなっています。

■ヨナマビーチ
所在地
鹿児島県大島郡天城町与名間

自然が生んだ珍しい光景「ムシロ瀬」

徳之島 ムシロ瀬

巨大な岩がまるでムシロを敷き詰めたように連なる様子が名前の由来である「ムシロ瀬」。サンゴ礁からできた岩が多く見られるこの辺りでは珍しく花崗岩が広がっている海岸です。視界に飛び込んでくる壮大な景色と激しい波音は迫力満点で、自然の力を感じさせられます。北風が強く吹き付けるため冬場は特に豪快な波しぶきが上がり、より一層ダイナミックな光景を目にすることができます。

■ムシロ瀬
所在地
鹿児島県大島郡天城町与名間

日本近代史に触れる場所「犬田布岬」

徳之島 犬田布岬

犬田布岬は、島の最西端にある三角形に突き出した岬です。切り立った崖と遥かに広がる東シナ海の雄大な景色に出会えるうえ、運が良ければウミガメの泳ぐ姿を見られるかもしれません!夕日スポットとしても知られ、地平線へ沈んでいく美しい夕日の色に空が染まる幻想的な光景は一度見たら忘れられません。また、第二次世界大戦中に沈没した戦艦大和の慰霊塔が立っていて、歴史に触れられる場でもあります。

■犬田布岬
所在地
鹿児島県大島郡伊仙町犬田布

飛行機orフェリー?徳之島へのアクセス

マイキーさん(@mikey0320)がシェアした投稿

空路を利用する場合は、鹿児島空港~徳之島空港間をJAC(日本エアコミューター)が1日4便(夏の繁忙期は5便)、約1時間10分で結んでいます。移動時間を短縮して島での滞在時間を少しでも長く取りたい方は飛行機利用がおすすめ。フェリーの場合は、鹿児島新港18:00発、約15時間かけて徳之島亀徳港に到着します。長時間の船旅になりますが夜の時間を効率よく使って移動でき、ホテル代がかからないというメリットもあります。

■徳之島
所在地
鹿児島県大島郡

自然の美しい景色だけでなく、闘牛観戦もできる徳之島。一風変わった体験を求めて旅行してみませんか?

※情報は記事公開日時点のものになります。