弥生時代の建物を復元!佐賀県「吉野ヶ里歴史公園」はココがスゴイ!!

社会の授業で習った記憶はあるけれど、吉野ヶ里遺跡って一体なんだっけ?という人も多いはず。今回は弥生時代にタイムスリップしたかのような気分になれる、吉野ヶ里歴史公園をクローズアップしてみました。

「吉野ヶ里遺跡」ってなんの遺跡?

吉野ヶ里遺跡

「吉野ヶ里遺跡」とは佐賀県吉野ヶ里町と神埼市にまたがって位置する大規模な弥生時代の環濠集落で、国の特別史跡と日本100名城に指定されています。
2001年に国と佐賀県が共同で管理・整備する「吉野ヶ里歴史公園」として公開され、建物や当時の暮らしぶりが隈なく再現された佐賀の人気観光スポットとなっています。弥生時代の集落の様子や、日本の深い歴史を紐解く資料や展示物が見ることができるので、昔の人々の暮らしや今の日本のルーツを辿ることが出来るでしょう。

広大な敷地に再現された迫力の環濠集落の見どころは?

吉野ヶ里遺跡

弥生時代の環濠集落として最大級の規模を誇る吉野ヶ里遺跡では、遺跡の保護のために盛り土をした上に往時の姿を再現しています。
入場ゲートから入って道なりに進むと敵の侵入を防ぐ仕掛けが見られる入り口の門が見えてきます。王やリーダーとなる層が住んでいた場所を再現した「南内郭」です。周囲が城柵などで覆われていたり、有力者が持っていると言われていた青銅器などが発見されていたという細かなところまで復元されています。

吉野ヶ里遺跡 北内郭

そのまま進むと祭りや儀礼などの重要な催事を決める場所であった「北内郭」が見えてきます。柵に囲まれた高床住居や高床倉庫が見られます。 その先に歴代の王が埋葬されているという王の墓「北墳丘墓」、さらにその先に一般の人々のお墓である「甕棺墓列」のゾーンが続きます。15,000人もの人のお墓があると想定されている墓地、壮大なスケールです!

子供から大人まで楽しめる体験

観るだけでなく、実際に体験してみることが出来るのが吉野ヶ里歴史公園の楽しいところ♪「勾玉づくり」や「火おこし」といったプログラムが毎日開催されています。事前に予約が必要なプログラムもありますが、これら2つのプログラムは当日受付で参加可能。 子供から大人まで楽しめる人気の体験もぜひ合わせて楽しんでみてくださいね。

吉野ヶ里歴史公園へのアクセス

吉野ヶ里遺跡

吉野ヶ里歴史公園へ行くならバスの利用が便利です。福岡空港、佐賀駅、久留米方面からの路線バスで公園そばに到着しますよ。このほか、JR吉野ケ里公園駅の利用も可能。博多駅から在来線の利用で約1時間15分なので、福岡空港からのアクセスも良好です。このほか、佐賀駅や鳥栖駅からだと30分くらいとなっています。JR吉野ケ里公園駅からは徒歩15分で入り口に到着します。
車で行く場合は、福岡空港から約65分、佐賀空港から約40分となっています。嬉野や有田といった佐賀県の他の観光地へ約1時間で行けるので、いろんなプランが練れますよ!

■吉野ヶ里歴史公園
住所
佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843
開園時間
4月1日~5月31日/9:00~17:00
6月1日~8月31日/9:00~18:00
9月1日~3月31日/9:00~17:00
休園日
12月31日、1月第3月曜日とその翌日
利用料金
大人(15歳以上)/460円、シルバー(65歳以上)/200円、中学生以下/無料
駐車場
大型車/1,030円、普通車/310円、バイク/100円
電話番号
0952-55-9333(代表)
この記事は2017年7月8日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。