カトリック教会の巡礼地イタリアの「アッシジ」で心に響く旅を♪

中世に造られた城壁に囲まれた人口2万人の小さな町、アッシジ。町全体が「アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群」として世界遺産に登録されています。カトリック教会の修道会のひとつフランシスコ会の創設者、聖フランチェスコの生誕地であることから世界中から巡礼者がやってくる場所として有名です。
フランシスコ会は日本との縁も深く、宣教師が豊臣秀吉や徳川家康と謁見したそうですよ。今回はカトリック信者に限らず魅力的な町、アッシジを紹介します!

フランシスコ会のシンボル「サン・フランチェスコ聖堂」

サン・フランチェスコ教会

「サン・フランチェスコ聖堂」は聖フランチェスコの功績をたたえるために13世紀に建設された聖堂で、フランシスコ会のシンボルとして世界中から訪問者が絶えずやってきます。町の北西の斜面に建てられた建物は斜面を有効活用するために上下2層になっていて、上層はゴシック様式、下層はロマネスク様式で建築されているそうです。聖堂内は数多くのフレスコ画が描かれ、美術史的にも貴重なものが多くあります。上層にある画家ジョットによって『聖フランチェスコの生涯』として描かれた28のフレスコ作品が特に有名な画となっていますので、見逃さないでくださいね。

■サン・フランチェスコ聖堂
住所
Piazza S. Francesco, 2 Assisi
営業時間
夏時間/8:30~18:50(上層)、6:00~18:50(下層)
冬時間/8:30~18:00(上層)、6:00~18:30(下層)
定休日
入館料
無料
電話番号
+39 075 819001

今も多くの女性が祈りを捧げる「サンタ・キアラ聖堂」

サンタ・キアラ聖堂

「サンタ・キアラ聖堂」は薄いピンク色と白色の横縞模様に、入り口上部にバラ窓が一つだけあるというシンプルな作りです。薄いピンクはこの地域特有の石材の色だそう。
回廊から眺めることができる、マヨルカ焼きで施された遊歩道の美しさが特に人気です。
聖堂の名前は聖フランチェスコに最初に帰依した女性、キアラが由来になっています。
アッシジの貴族の家に生まれたキアラは聖フランチェスコと出会い、実家と財産を捨てて修道生活に入りました。キアラはその後女性のための修道会、クララ会を設立し、現在でも日本人を含め1万人以上の会員がいるそうです。聖堂はキアラの死後建設され、地下にはキアラの骨格が公開されています。

■サンタ・キアラ聖堂
住所
Piazza Santa Chiara, 1, Assisi
営業時間
夏時間/6:30~12:00、14:00~18:30
冬時間/6:30~12:00、14:00~17:30
定休日
入館料
大人/6ユーロ
子供(6歳以下)/無料
シニア(65歳以上)/4.50ユーロ
電話番号
+39 075 812282

世界遺産の町を一望!「ロッカ・マッジョーレ」

ロッカ・マッジョーレ

中世に外敵から町を守るための要塞として建てられた「ロッカ・マッジョーレ」は町で一番高い丘の頂上にあり、見晴らし抜群。丘の頂上というとたどり着くのに大変なイメージがありますが、それでも町の中心から20分も歩けば着く距離。これなら頑張れそうですよね。
ここからは美しい中世の街並みとイタリアの大地が見渡せますよ。特におすすめは夕暮れ時!夕日に染まる景色は忘れられないものになるでしょう。暑い季節でも夕暮れ時なら楽に上ることができるのではないでしょうか?

■ロッカ・マッジョーレ
住所
4~5月、10月(28日まで)/10:00~18:30、3月
営業時間
10月(29~31日)/10:00~17:30
6~8月/9:00~20:00
9月/10:00~19:30
11~2月/10:00~16:30
入場料
6ユーロ
定休日
12月25日
電話番号
+39 075 813 8680

アッシジへの行き方は?

アッシジは最寄りの都市、ペルージャからは20キロほど離れています。ローマとフィレンツェの中間あたりにあり、どちらの町からも鉄道やバスの便が出ていてアクセスは良好。ローマから2時間程度の場所なので、旅程に入れやすいですよ。

カトリックを信仰されている方はもちろん、信仰されていない方にも見所がたくさんあるアッシジ。ここを訪れれば心に響く出合いがあるのではないでしょうか?ぜひアッシジを次の旅行の候補地に入れてみてくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。