世界遺産の苔の森を歩く♪屋久島トレッキングのおすすめ「白谷雲水峡」

屋久島と言えば、まず一番初めに頭に浮かぶのは「縄文杉」。“一生に一度は会ってみたい縄文杉”と言われるほど有名なスポットですよね。ですが縄文杉に会いに行くにはなかなかハードで時間も相当かかるんです。
実は、それ以外にも屋久島を満喫できるコースがあるってご存じでしたか?

霧に包まれた幻想的な景色!「白谷雲水峡」コースで満喫しよう

屋久島 白谷雲水峡

「白谷雲水峡」コースは、半日で回れる初級~中級者向けのコースなので体力に自信がない方や登山初心者にもおすすめです♪
上を見上げれば緑のカーテン、下には苔の絨毯が広がっており、木漏れ日と霧に包まれた景色は幻想的で現実の世界とは思えません。思わず、夢の中みたい…とうっとりしてしまいます。
標高620メートルの場所にある入口から、「楠川歩道」を歩いて登り1時間半で行ける「苔むす森」と名づけられたゾーンは、石も木もすべてが苔で覆われていてなんとも幻想的です。緑の濃厚な香りに癒されてみたり、フカフカでほんのり温かい苔に触れてみたりと、ずっと居たくなる特別な場所になっています。

トレッキングの疲れも吹き飛ぶ「太鼓岩」からの眺望!

屋久島 太鼓岩

そしてもうひとつの目玉が太鼓岩。ここからの眺望が最高なんです!晴れた日は、宮之浦岳、太忠岳などが望めます。
せっかくだから詳しい説明を聞きながら屋久島の自然を満喫したいという方には、ガイド付きツアーがおすすめです♪屋久島に初めて行く方はもちろん、リピーターの方も、ガイドの話を聞きながら歩くと屋久島の奥深い魅力に出合えるかも。

どんな服装がいい?

屋久島 トレッキング

秋口はトレッキングには最高の季節!雨が多い地域ですが、比較的秋シーズンは天候が穏やかなのでこれからがおすすめですよ。雨にも対応できるように、レインジャケットは忘れずに!

樹齢1000年を超すレベルの樹木が多く残る屋久島。その特異な自然から世界遺産に指定されています。
日本が世界に誇る自然の景色、一生に一度は訪れたいものですね。

■屋久島
この記事は2016年9月6日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。