北アルプスの大パノラマ!岐阜県の「新穂高ロープウェイ」に乗って絶景を満喫しよう

新穂高ロープウェイは標高3,190mの穂高岳にあります。ロープウェイで登った先の展望台からは、アルプス山脈を一望することができます。散策にぴったりな高原の風景を気軽に楽しめるので、脚力に自信のない方にもオススメなんですよ。 関東方面からのアクセスは、公共交通機関で行く場合約2時間10分で新穂高に到着ですよ。

日本で唯一! 2階建てゴンドラに乗って絶景を満喫

新穂高ロープウェイ

新穂高ロープウェイは第1、第2と2つのロープウェイがあり、第1ロープウェイは全長573m、約4分で「新穂高温泉駅」から「鍋平高原駅」まで、第2ロープウェイは全長2,598m、約7分で「しらかば平駅」から山頂展望台のある「西穂高口駅」を結んでいます。第2ロープウェイのゴンドラは、なんと日本で唯一の2階建てゴンドラ。定員は121人です。展望台までの高低差845mを一気に登っていく体験は感動ものですよ!

冬の北アルプスと新穂高ロープウェイ

ゴンドラから見える景色といえば、春は高山植物、夏は新緑、秋は紅葉、冬は白銀の世界、と四季それぞれに楽しみがあります。
期間限定のイベントも見どころで、秋には「サンセットロープウェイ」を開催。例年10月中旬から11月中旬の紅葉の時期に開催され、ゴンドラからは夕日に照らされた燃えるような紅葉が、展望台からは美しい北アルプスの夕景を見ることができます。夏と秋には星空の下をゴンドラが進む「星空観賞特別便」も運行し、展望台では息を呑むような美しい星空を観察できますよ。

ネイチャートレイルや温泉も楽しめる鍋平高原

新穂高ビジターセンター「山楽館」

第1と第2ロープウェイの乗継地である鍋平高原には見どころがいっぱい♪「鍋平高原駅」と「しらかば平駅」の間は歩いて1分とすぐなので、乗車前に散策するのがオススメです。新穂高ビジターセンター「山楽館(さんがくかん)」では、北アルプスの山々や自然について学べ、またガイドウォークやスノーシューなどのアクティビティの申し込みが可能。周辺には自然散策路(ネイチャートレイル)があるので、森林浴をしながらハイキングを楽しんでみては。

他にも飛騨牛を使ったメニューがいただけるレストランやカフェ、ベーカリーショップもあり、お食事や休憩がまた楽しみ。源泉かけ流しの露天風呂や気軽に寄れる足湯もあるので、散策を楽しんだ後はパンを食べながら足湯でのんびり…というのはいかがでしょうか。

ミシュランも認めた!北アルプスの絶景が広がる展望台

新穂高ロープウェイ 山頂駅展望台西穂高口駅

ロープウェイのハイライトとも言えるのが、終点駅の「西穂高口駅」にある山頂展望台です。標高2,156mの展望台からは、西穂高岳や槍ヶ岳など北アルプスの山々を一望。360度の大パノラマが広がります。実はこの眺望「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に二つ星として掲載されました。ミシュランも認めた絶景は必見ですよ。山々を背景に、記念の写真撮影をお忘れなく♪

当日の天気はライブカメラをチェック!

新穂高ロープウェイへ行く際は、当日の天気チェックをお忘れなく。天候によっては運休することがあるので、公式サイトのライブカメラで事前に確認しておきましょう。15分毎に山頂の最新画像が更新されていますよ。また、公式サイトでは展望台の天気や風速、ロープウェイの運行状況が掲載されているので、ぜひチェックしてくださいね!

ミシュランも認める絶景が見られる新穂高ロープウェイ。友人や家族を誘って、驚きと感動を共有してください!一年を通じて楽しめるので、ぜひ晴れた日にお出かけしてみましょう♪

■新穂高ロープウェイ
住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂710-58
電話番号
0578-89-2252
営業時間
<4月1日~11月30日>
新穂高温泉発/8:30~16:00
しらかば平発/8:45~16:15
西穂高口発/8:45~16:45
※そのほかの時期は公式HPでご確認ください。
※第1ロープウェイ毎時00分・30分発、第2ロープウェイ15分・45分発です。
料金
大人(中学生以上)/2,900円、小人(小学生)/1,450円
※第1・2ロープウェイの往復料金です。
※情報は記事公開日時点のものになります。