立山黒部アルペンルートの絶景スポット!北アルプスで最も美しい火山湖「みくりが池」

立山は飛騨山脈(北アルプス)北部にある立山連峰の主峰であり、氷河が残る日本では数少ない山のうちのひとつ。この標高3,000m級の峰々が連なる北アルプスを貫き、富山と長野を結んでいるのが、世界有数の山岳観光ルートである立山黒部アルペンルートです。
このアルペンルートの中心地であり、観光の拠点となるのが「室堂平」。富山方面からアクセスする際のバス、長野方面からのトロリーバスが発着する「室堂ターミナル」があり、日本で最も高所にある駅として知られています。

立山・室堂平のシンボル「みくりが池」

夏のみくりが池

「みくりが池」は標高2,405mに位置する火山湖。周囲長約630m、最深部は15m、北アルプスで最も深い高山湖です。美しい紺碧の湖と立山連峰が織り成す景色は、思わず息をのむ壮大なスケール!
室堂ターミナルからみくりが池までは徒歩数分、周辺にはクロユリなどの高山植物がみられ、雷鳥も生息しているので散策も楽しいですよ。高地の澄んだ空気を胸いっぱいに吸いながら、室堂のシンボルと謳われるみくりが池の美観を堪能してみてください。

周辺の散策スポットはどんなものがある?

立山玉殿水

Photo credit: sodai gomi on Visual hunt / CC BY

室堂ターミナルビルの3階から遊歩道に出ると、すぐそこに沸いている「立山玉殿水」。立山トンネルの貫通工事中に大量の地下水が吹き出したことで発見されました。「名水百選」の中で最も高い位置にある水源です。立山連峰に降り積もった雪が地中に染み込み、ろ過され、ミネラルを含むことでなめらかな口当たりの湧水になっているそうです。

紅葉のみくりが池

Photo credit: Kentaro Ohno on Visual Hunt / CC BY

遊歩道を挟んでみくりが池の東側にある「みどりが池」。面積は広くありませんが、水面に立山の姿が綺麗に映るんですよ。みくりが池と違い水深が浅く底が見えるので、透明度の高さがより印象に残ります。

紅葉に染まる室堂平 

遊歩道から見渡す湿地の中に、血のように赤い色をした水たまり「血の池」が点在しています。この色は水分中に多く含まれている酸化鉄によるもの。その昔は「血の池地獄」と呼ばれ、立山地獄の一つとされていました。

おすすめ観光シーズンはいつ?

ハイキングシーズン 室堂

室堂平の観光営業期間は例年4月上旬~11月下旬で、積雪の状況によって多少前後することがあります。また、みくりが池は6月まで雪で覆われているため、水面に山々の景色が映る様子が見られるのは7~10月。この時期は観光客数も多くなり、散策に最もおすすめのシーズンです。春先の雪の残る景色も風情があって素晴らしいのですが、寒さが厳しかったり地面のコンディションも悪かったりするので、慣れていない方はまずベストシーズンに訪れてみると良いでしょう。

■みくりが池
住所
富山県中新川郡立山町芦峅寺

季節や天候によって見える景色が異なり、何度訪れても楽しめる!とリピーターも多いそうです。雲の上に広がる大自然の美しい景色と出合ってみませんか。

※情報は記事公開日時点のものになります。