イチゴ駅にメロン駅!?長崎にあるフルーツバス停でインスタ映えする可愛い写真を撮ろう♪

可愛すぎる、おもちゃのようなバス停が長崎県の諫早市小長井町にあります。1990年に開催された長崎旅博覧会で、長崎県の玄関口として訪れる人たちの心を和ませるために整備されたもので、このヒントになったのはシンデレラのカボチャの馬車だったのだとか。フルーツの中に人がすっぽりと収まる様子はまさに小さなプリンセスのようです♪

フルーツは全部でいくつ?全制覇を目指しちゃおう!

スイカバス停

諫早市内中心部から国道207号線を佐賀方面に向かって進んで行くとJR長里駅手前にまず見えてくるのがスイカのバス停!そこからメロン、イチゴ、ミカン、トマトと5種類のバス停が、国道沿いに14ヵ所と山茶花高原に向かうまでの県道にもう2ヵ所、合計16ヵ所設置されています。有明海沿いや緑に包まれる山間を走る国道はどこものどかで、それぞれのフルーツバス停の愛らしい姿が周囲の風景によく映えます。

メロンバス停

中でも海がバックになったメロン型の井崎バス停は一番人気!さわやかな写真が撮れそうですね。

ミカンバス停

またミカンバス停はミカン味のアイスクリームのCMに登場したことでも話題になりました!

トマトバス停

丸いフォルムと真っ赤な色が可愛らしいトマトバス停も見逃せません。へたを持って面白写真を撮るものいいかも!
みずみずしいフルーツバス停のラブリーなショットが豊作ですよ♪何個の果物を見つけられるかフルーツ狩りを楽しんでみてくださいね。

塗り直したばかりでピカピカの今が行きどき!

1990年に作られたフルーツバス停は、休日になるとドライブの家族連れなどが車を停めて記念撮影する姿が多く見られ、地域住民にとっても自慢の一つになっています。
最近はインスタ映えスポットとして再ブレイク!再び脚光を浴びたことをきっかけに昨年ペンキの塗り直しが行われ、今はツヤツヤピカピカでみずみずしい姿を見ることができますよ。

このフルーツバス停を訪れるには車かバスが最適。諫早市内から佐賀方面へ「ときめきフルーツバス停通り」をドライブすると、フルーツバス停に出会うことができます。諫早市のホームページにフルーツバス停のマップが掲載されていますので、ぜひお出かけ前にチェックしてみてくださいね。また、これらのバス停には長崎県営バスの諫早駅~小長駅前~県界間の路線バスが停車しますので、のんびりローカルバスの旅もお勧めです。

■ときめきフルーツバス停通り
住所
長崎県諫早市小長井町国道207号線
電話番号
0957-34-2111 (諫早市小長井支所)
■長崎県営バス
イチゴのバス停
平原(佐賀方面行き)、支所前、井崎(佐賀方面行き)、山茶花高原
ミカンのバス停
小深井(佐賀方面行き)、長戸、阿弥陀崎(佐賀方面行き)、高原センター前
スイカのバス停
殿崎、築切、阿弥陀崎(諫早方面行き)
メロンのバス停
平原(諫早方面行き)、井崎(諫早方面行き)、釜
トマトのバス停
小深井(諫早方面行き)、大久保
電話番号
095-822-5141

長崎県の観光スポットに行こう!

諫早公園

フルーツバス停の南端から車で20分ほどの所に、「日本の歴史公園100選」に選定されている「諌早公園」があります。国指定天然記念物に指定されている数十種の暖地性植物に覆われた緑豊かな丘陵地で、公園内には、樹齢600年を越す楠の大木や国の重要文化財に指定されている「眼鏡橋」があるんです!春に公園を埋めて咲き乱れるつつじは壮観で、市民はもちろん遠く県外からも観光客が訪れ、夜にはライトアップもされます。冬は白銀の雪景色がロマンチック。歴史を重ねた重厚感漂う石造りの橋を彩る四季折々の風景は一見の価値ありですよ!
アクセスはJR諫早駅から徒歩10分、1時間に1本ほどですが、バスも出ています。

■諫早公園
住所
長崎県諫早市高城町772
電話番号
0957-22-1500(諫早市緑化公園課)

長崎や佐賀へ遊びに行った際には、フルーツバスを見にちょっと足を延ばしてみてはいかがでしょうか。女の子同士でも、恋人とでも!ラブリーなインスタ映えショットが撮れちゃいますよ♪

※情報は記事公開日時点のものになります。