• 2018年9月15日更新
  • Yokito

イタリアにある“死にゆく町”「チヴィタ・ディ・バーニョレージョ」が美しい!

今回ご紹介するのはイタリア中部にある“死にゆく町”「チヴィタ・ディ・バーニョレージョ(Civita di Bagnoregio)」!死にゆくだなんて、なんだか怖いな…と思ってしまいましたか?でもどうぞご心配なく!この街はフォトジェニックなスポットとして人気を集めている場所なんです♪

“死にゆく町”チヴィタ・ディ・バーニョレージョ

チヴィタ・ディ・バーニョレージョ

イタリア中部にあるバーニョレージョという町にある「チヴィタ・ディ・バーニョレージョ」は、“死にゆく町(la città che muore)”と呼ばれる小さな集落。切り立った丘の上にあり、風雨によって年々浸食が進み、いつかは自然に消滅すると言われていることからこの名がつきました。

猫のいるチヴィタ・ディ・バーニョレージョ
Photo credit: giulia p via VisualHunt.com / CC BY

中世の雰囲気が漂うこの集落には住民はごくわずかしか住んでいませんが、観光地としての人気は年々アップ!猫が多いことから猫好きの間でも話題の観光スポットとなり、また綾瀬はるかさん主演の映画『ホタルノヒカリ』のロケ地にもなりました♪

暗い名前だけど、とってもカワイイ街並み!

チヴィタ・ディ・バーニョレージョ

“死にゆく町”というネーミングから暗いイメージを持たれがちなチヴィタ・ディ・バーニョレージョですが、街並みはどこを見てもカワイイところばかり♪丘に霧が立ち込めると、まるで『天空の城ラピュタ』を彷彿させる幻想的な景色が広がります。

チヴィタ・ディ・バーニョレージョの街並み

この集落を含むバーニョレージョの町がつくられたのは、2,500年ほど前だと言われており、小さな教会や広場、カフェなど、集落のあちこちにその歴史を感じられるスポットがたくさん♪中世にタイムスリップしたような気分で街散策を楽しんじゃいましょう!

チヴィタ・ディ・バーニョレージョへの行き方

チヴィタ・ディ・バーニョレージョ

チヴィタ・ディ・バーニョレージョへのアクセスは、一般的にはローマからの日帰りツアーが人気!チヴィタ・ディ・バーニョレージョの他に、近郊の観光スポットを回るツアーが平均170ユーロ~販売されており、1日かけてローマ近郊を周遊できます。

Cotralさん(@buscotral)がシェアした投稿

個人手配でチヴィタ・ディ・バーニョレージョに行くには、まずトレニイタリアで、テルミニ駅からオルヴィエート駅まで行き、バスに乗り換えます。駅にあるバスの券売所でバーニョレージョ行きの往復券を買い、約40分でバーニョレージョに到着します。チヴィタ・ディ・バーニョレージョへはここから橋を渡って20~30分。坂道が多いので歩きやすい服装がオススメですよ♪

■チヴィタ・ディ・バーニョレージョ

美しい景観ですが、いつかはなくなってしまう街。ぜひ早いうちに訪ねてみてくださいね。

この記事は2017年9月13日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。