季節を問わず色とりどりの花が楽しめる!滋賀県草津市の「水生植物公園みずの森」ってどんなところ?

滋賀県の琵琶湖に突き出した烏丸半島にある「水生植物公園みずの森」。「植物と人、水と人のふれあい」をテーマとしており、三方を琵琶湖に囲まれた自然豊かな環境で四季折々の植物や水生植物に出会えるんですよ。今回は、そんな水生植物公園みずの森の見どころをご紹介します。

どの季節に訪れてもいろんな花が楽しめる!

水生植物園みずの森

写真:(公社)びわこビジターズビューロー

春はツツジやチューリップ、夏はアサガオやクレマチス、秋はヒガンバナやサルビア、冬はクリスマスローズやブーゲンヴィレア…よく知られる花から珍しいものまで、多種多様な植物を見ることができます。写真撮影に訪れるもよし、季節を感じるもよし。花に囲まれた園内を散歩気分で巡ってみましょう。

ハスが美しい!「ロータス館」で水生植物を観賞しよう♪

植物園のハス

最大の見どころは、ハスやスイレンなどの水生植物をテーマとした「ロータス館」。ロータス館の中央にはアトリウム(温室)があり、主に熱帯のスイレンなどを一年中展示しています。また壁画や映像シアター、展示室があり、科学・文化・芸術といった観点から学ぶことができます。

ロータス館にはレストランやショップも入っており、「ハスうどん」や「ハス味アイスクリーム」など、訪れたら1度は味わってみたくなるものがありますよ。

水生植物公園みずの森へのアクセスは?

水生植物園みずの森

写真:(公社)びわこビジターズビューロー

公共交通機関を利用する場合は、JR草津駅の西口から運行している近江鉄道バスの「琵琶湖博物館」行きに乗車し、「みずの森」で下車してください。約25分の道のりです。

車を利用する場合、名神高速道路の「栗東I.C」・「瀬田西I.C」・「草津田上I.C」いずれかで降り、湖周道路を通って鳥丸半島へ向かいましょう。I.Cから約30~40分で到着です。97台分駐められる無料駐車場があるので、こちらの利用が便利ですよ。

■水生植物公園みずの森
住所
滋賀県草津市下物町1091番地
営業時間(公園)
通常/9:00~17:00(最終入園16:30)
夏期/7:00~17:00(最終入園16:30)
冬季/9:30~16:00(最終入園15:30)
営業時間(温室)
通常/9:00~16:30
夏季/7:00~16:30
冬季/9:30~15:30
入園料
大人/300円
大学生・高校生/250円
中学生・小学生/150円
定休日
毎週月曜日(休日の場合は翌平日)
電話番号
077-568-2332

季節によって様々な花を見ることができる「水生植物公園みずの森」。訪れる際には、ぜひ事前にホームページで見頃の花をチェックしてみてくださいね!

※情報は記事公開日時点のものになります。