バンコクから日帰りで行ける島「ラン島」でマリンスポーツを楽しんじゃおう♪

タイ・バンコク観光といえば、寺院めぐりや、ショッピング、グルメなどが中心となりますが、バンコクから日帰りで出かけられる「ラン島」もオススメです!

ビーチが7つも!?楽しみ方が違うから迷っちゃう♪

ラン島

「ラン島」には、透明度が高く美しいビーチが7つあります。場所によって、遊泳のみだったり、バナナボートに乗れたり、パラセーリングを楽しめたりと、違いがありますので、目的に合わせてビーチを選びましょう。「タワエン・ビーチ」は、遊泳スペースとアトラクションスペースが区切られており、どちらも楽しむことができます。「ヌアン・ビーチ」には、おしゃれなレストランもあり、各種アクティビティもそろっているのでオススメ!

ビーチ間の移動はバイクやソンテウでしよう

ラン島 ビーチ

ラン島での移動手段は、レンタルバイク、バイクタクシー、乗り合いタクシー・ソンテウ、ボートとなります。バイクタクシーやソンテウ、ボートは、前もってチャーターや値段交渉が必要となりますが、レンタルバイクの料金は一日200バーツ(約680円)なので、バイクが運転できるアクティブ女子なら、レンタルバイクが安くて便利です。

「ラン島」への行き方は?

ラン島へいくハーバー

「ラン島」は、パタヤの市街地から約10㎞離れた沖にあるので、まずはバンコクからパタヤに移動します。バンコクからパタヤへは、バスで約2時間。パタヤに着いたら、ソンテウを利用しラン島行きの船が出るピアポートへ!ピアポートからラン島へは、普通ボート(40~50分)と高速ボート(約15分)が出ていて、普通ボートは片道30バーツ、高速ボートは片道2,000バーツ程度です。値段交渉などが不安な人は、バンコクからの日帰りツアーもありますので、利用してみてはいかがでしょう。

日帰りで行けちゃうので、タイ旅行のちょい足し観光としてもオススメ!海が好きな方は必見ですよ。

■ラン島
この記事は2017年9月17日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。