うさぎだらけの神社!?京都の「岡﨑神社」が可愛いすぎる!

神の使いとしてうさぎの像が建つ神社は全国各地にありますが、京都市に“うさぎだらけの神社”があるのをご存じですか?その名も「東天王 岡﨑神社」。手水舎からおみくじ、お守りに至るまですべてにうさぎのモチーフが使われているんです。一体なぜうさぎだらけなのでしょうか?

岡﨑神社ってどんなところ?どんなご利益がある?

岡﨑神社

岡﨑神社は、速素盞鳴尊(すさのをのみこと)と奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、その子供たちである三女五男八柱御子神(やはしらのみこがみ)を御祭神とする神社。由緒は794年にまでさかのぼります。長岡京から平安京への遷都の際、乱を治め外敵や災害から守るため、桓武天皇が都の四方に社を建立しました。岡﨑神社はその四社のうちの一つで、都の東にあったことから「東天王」と称されました。

御祭神の2柱がたくさんの子供を産んだことから、特に子授け・安産のご利益があることで知られています。かつて神社周辺にはうさぎが多く生息しており、多産なことからそうした神々の使いとされてきました。岡﨑神社がうさぎだらけなのはこうした理由からだったんですね。このほか、縁結びや厄除けにもご利益があると言われています。

別名「うさぎ神社」!あらゆるところにうさぎがいる♪

それではいよいよ、「うさぎ神社」とも呼ばれる神社の実態を見ていきましょう!一見何の変哲もない神社に見えますが、一歩足を踏み入れると、いたるところにうさぎの姿があるんです。

まず出迎えてくれるのは狛犬ならぬ「狛うさぎ」。まるっとしたフォルムがキュートで、きちんと「阿」と「吽」の形をした口元も魅力的です。それぞれの頭を撫でると縁結びや夫婦和合のご利益があるそうです。本殿には招き猫ならぬ「縁結び招きうさぎ」と「金運招きうさぎ」がいるので、こちらもお見逃しなく。

次の見どころは手水舎です。手水舎には龍神像が置かれているのをよく見ますが、岡﨑神社ではこちらもうさぎの像になっています。黒御影石でできた可愛いながらも威厳のある像は「子授けうさぎ」と呼ばれ、月を仰いで体に力を満たした姿をしているんだとか。水をかけてお腹をさすると、子授けや安産にご利益があると言われています。

うさぎみくじ

このほか提灯の紋や絵馬、お守り、御朱印まですべてがうさぎをモチーフとしています。なかでも人気なのが「うさぎみくじ」。一つ一つ表情が違う白とピンクのうさぎのおみくじで、どちらを選ぼうか迷ってしまうほどの可愛らしさですよ。

岡﨑神社へのアクセスは?

岡﨑神社へは、電車を使う場合、京阪電車「神宮丸太駅」から徒歩約20分、地下鉄東西線「蹴上駅」から徒歩約15分。バスを使う場合、市バス32番・203番・93番・204番に乗ってバス停「岡崎神社前」で下車するか、5番に乗って「東天王町」で下車してください。

■岡﨑神社
住所
京都市左京区岡﨑東天王町51番地
電話番号
075-771-1963

うさぎが好きな人にはぜひおすすめしたい岡﨑神社。近くには平安神宮や南禅寺、永観堂など京都でも有数の観光地があるので、京都観光のスケジュールにも組み込みやすいですよ。

※情報は記事公開日時点のものになります。