全身で秋を感じられる埼玉県・秩父の長瀞ラインくだり。岩畳の紅葉はまさに絶景!

紅葉の長瀞ラインくだり

撮影:BUD International

「ライン下りってただ船に乗って川を流れるだけ?」って思っていませんか? いやいや、実はライン下りはとっても奥が深いんですよ。埼玉県の北西部、秩父の「長瀞(ながとろ)ラインくだり」は、木造の和舟に乗って荒川を下る、大人気の体験です。

紅葉の長瀞ラインくだり

撮影:BUD International

定員20人前後の和舟が漕ぎ出され、初めはゆったりゆるゆる~と流れる…かと思ったら、意外と激しい場所もあるんです!景色を見ながらのんびりと過ごす時間と、スピード感あるドキドキを一緒に味わえるところが楽しめるポイントです。

秋の川下りは、岩畳の紅葉が美しい

紅葉の長瀞ラインくだり

撮影:BUD International

国の特別天然記念物に指定されている長瀞の岩畳の中を、ゆっくりと流れるライン下り。紅葉シーズンは燃えるような紅葉を船に乗りながら満喫できるので、体いっぱいに秋を感じることができます。赤く燃えるモミジやクヌギ、ナラなどが、澄んだ水面に映える光景が美しい!

船頭さんが盛り上げ上手で楽しい!

長瀞ラインくだり 船頭さん

撮影:BUD International

竿を使って、2人の船頭さんが船を操ってくれます。お話がおもしろく、乗客を上手に盛り上げてくれるので、どんな船頭さんに当たるかも楽しみのひとつです!

選べる3つのコース!

ライン下りは3つのコースを選べます。
雑誌などでよく見かける急流スポット小滝の瀬を含む「親鼻橋から岩畳(Aコース/約3キロ)」と、小滝の瀬よりも広い川幅の急流スポット大河瀬を含む「岩畳から高砂橋(Bコース/約3キロ)」。
そして、どっちも楽しみたい!という方には「親鼻橋から高砂橋の全コース」がおすすめです。ただし、全コースについては、繁忙期(GW、夏休み、紅葉時期等)は運航できない場合があるそうです。

受付場所までのアクセスは?

長瀞駅

長瀞ラインくだりは長瀞駅から徒歩1分の長瀞ラインくだり本部にて受付されています。
都内から長瀞駅までのアクセスですが、電車の場合は池袋から西武池袋線(特急)で西武秩父駅まで約80分。秩父鉄道お花畑駅まで徒歩10分。秩父鉄道に乗換えて約20分です。土日祭日は7:05と8:05の2本、池袋駅から長瀞駅直通電車があるのでおすすめです!
車の場合は関越自動車道の練馬IC.から、花園IC.まで約50分。国道140号で約30分です。

■長瀞ラインくだり (本部)
住所
埼玉県秩父郡長瀞町長瀞489−2
営業期間
2018年3月10日(土)~12月4日(火)
冬季1~2月は「ぽかぽか こたつ舟」として営業。
受付時間
9時から16時頃まで
電話番号
0494-66-0950(9時から16時頃まで)

紅葉のライトアップを鑑賞できる「月の石もみじ公園」

月の石もみじ公園

また、紅葉を時間を忘れて楽しみたいなら「月の石もみじ公園」がおすすめ。2018年は11月3日(土)~25日(日)の間、「長瀞紅葉まつり」のイベントのひとつとして、荒川沿いに広がる公園内でモミジがライトアップされるので、昼だけでなく夜も美しい紅葉を楽しむことができます。昼間はライン下りを、夕方からは紅葉ライトアップを楽しむ日帰り旅行なんていかがでしょうか?秩父、長瀞は温泉も有名です。宿泊の場合は温泉に浸かりたいですね。

■月の石もみじ公園
住所
埼玉県秩父郡長瀞町 長瀞947
アクセス
秩父鉄道「上長瀞駅」から徒歩約3分
ライトアップ時間
16時~21時
入場料
200円
電話番号
0494-66-3111
この記事は2016年10月7日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。