今年の紅葉狩りは奈良がオススメ!絵になる風景の「室生寺」へ

紅葉と言えば京都が人気ですが、隣県の古都・奈良にも寺社仏閣が多くあり、多くの人々で賑わいます。中でも室生寺は国宝のお堂やライトアップされる紅葉など、見どころ満載なんですよ。

“女人参拝”が許されていた室生寺

室生寺 紅葉の仁王門

撮影:BUD International

奈良時代に、天武天皇の命により創建されたという室生寺。真言宗の寺院で、山岳信仰や山林修行の霊地として尊崇されてきました。同じく真言宗の最大の総本山である高野山は明治時代以前まで女人禁制だったのに対し、室生寺では昔から女性の参拝が許可されていたので、“女人高野”とも呼ばれています。

カメラ必須!写真に収めたくなる風景の連続

室生寺太鼓橋

撮影:BUD International

賑やかな門前町を抜けると見えてくるのが「太鼓橋」。清流に架かる朱塗りの橋が絵になります♪この橋を渡ると、室生寺の境内です。そのまま右手に仁王門があり、抜けると池と急な石段・鎧坂が。鎧坂の先には弥勒堂、金堂、本堂が続き厳かな雰囲気に包まれます。

室生寺 五重塔

Photo credit: casek on Visualhunt.com / CC BY

本堂の横にある長い石段を登っていくと、奥に日本最小の五重塔があります。最小と言えど約16mあり、丹塗りの風格ある建物は見ごたえがありますよ。その先には更に石段があり、奥の院に続いています。奥の院には弘法大師を祀る御影堂があり、こちらが日本最古のものとされています。

室生寺でみられる国宝や重要文化財

秋の室生寺 鎧坂 金堂 紅葉

撮影:BUD International

室生寺ではいくつかの国宝や重要文化財を見ることができます。
本堂、金堂、五重塔が国宝で、弥勒堂、御影堂が重要文化財に指定されています。紅葉の時期は境内のもみじに埋もれるような見事な様子がみられますよ。

紅葉の時期限定♪幻想的なライトアップが見逃せない

室生寺では紅葉の時期に期間限定でライトアップが行われ、太鼓橋からの川沿いや本堂周辺などの紅葉は特に幻想的です。また、五重塔に青龍が浮かび上がる演出も見逃せません!

■紅葉ライトアップ スケジュール
開催期間
11月10日(土)、11日(日)、16日(金)~18日(日)、22日(木)~25(日)
拝観時間
17:00〜20:00(最終入山19:30)
料金
大人/500円、小人/300円

室生寺までのアクセスは?

室生寺仁王門

撮影:BUD International

電車で行く場合は近鉄「室生口大野駅」から奈良交通バス「室生寺前」行きに乗車し、終点で下車してください。バス停からは徒歩で約5分です。
車で行く場合は、東名阪自動車道の亀山I.C.で降ります。名阪国道に進み、県道28号線 に向かってください。1時間ほど進むと到着です。

■室生寺
住所
奈良県宇陀市室生78
拝観時間
4月1日~11月30日/8:30~17:00、12月1日~3月31日/9:00~16:00
拝観料
大人/600円、小人/400円
電話番号
0745-93-2003

紅葉の中に佇む堂塔の数々がライトアップされ幻想的な風景が美しい「室生寺」。ぜひ紅葉狩りに出掛けてみてください!

この記事は2017年9月29日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。