福井県随一の紅葉名所「九頭竜湖」で愛でる錦繍とエメラルド色の湖!

福井県大野市にある「九頭竜湖(くずりゅうこ)」は、ダムを建設するため九頭竜川をせき止めたことで出来た人造のダム湖。幅355mと人工湖として日本有数の大きさで、エメラルドグリーンの水をたたえています。湖を囲む山々は、春には1万本もの桜が咲き誇り、秋になれば美しい紅葉に染まり、多くの多くの人の心を引きつける絶景スポットです。今回は、そんな九頭竜湖での紅葉狩りをご紹介します。

「夢のかけはし」から眺める紅葉の絶景

箱ヶ瀬橋

「夢のかけはし(箱ヶ瀬橋)」は九頭竜湖の紅葉を堪能するのに絶好のポイント。湖を一望でき、左右にはまるで錦の屏風を並べたように色鮮やかな紅葉が湖面に映る光景が見事です。ちなみにこの橋は瀬戸大橋を建設する際の試作だったそう。緻密に設計された美しい橋と豊かな自然が調和し、見応えのある景観を作り出しています。

■九頭竜湖(夢のかけはし)
所在地
福井県大野市箱ヶ瀬
電話番号
0779-78-2116

紅葉の見頃はいつ?

九頭竜湖 紅葉

九頭竜湖の紅葉が見頃を迎えるのは10月下旬~11月中旬。この期間中には紅葉まつりも開催され、多くの人で賑わいます。また、特定の日のみですがJR九頭龍駅から「紅葉めぐり」というシャトルバスの運行があります。1日1便ですが車なしではアクセスが困難な夢のかけはしまで連れて行ってもらえるので、電車で行く方におすすめです。定員は33名、当日でも空きがあれば乗車できますが、確実に席を確保するために事前に予約しておきましょう。

■紅葉まつり
2018年の開催期間
10月27日(土)・28日(日) 
■シャトルバス
2018年の運行日
11月3日(土)・4日(日)・10日(土)・11日(日)

アクセス情報

九頭竜湖への交通手段は、シャトルバスを利用する以外は基本的に車です。東海北陸道白鳥ICから国道128号線経由で福井方面へ約10分。夢のかけはし付近の美濃街道沿いに無料駐車場がありますが、スペースはあまり広くありません。他に九頭竜湖管理事務所の駐車場があり、そちらを利用することもできます。

九頭竜湖は福井県でとても人気の高い紅葉スポット。この秋、福井県におでかけの方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

※情報は記事公開日時点のものになります。