こんなに青い泉、実在するの?とっても幻想的なメキシコ「グランセノーテ」で泳いでみよう!

地面が陥没した穴に地下水が溜まったという天然の井戸「セノーテ」。大きさは井戸サイズのものから湖と呼んだほうがしっくりくるぐらい大きなものまで様々。マヤ時代には人々はセノーテのことを“聖なる泉”として崇め、雨の神が住む異世界と信じていました。メキシコにセノーテは何ヵ所もありますが、特にオススメなのがユカタン半島にあるグランセノーテ。今回はこのグランセノーテをご紹介します!

グランセノーテ、ここが魅力!

グランセノーテ

グランセノーテ最大の魅力は、色鮮やかな青。あまりの青さに吸い込まれてしまうような感覚に陥るかもしれません。100メートル以上先まで見通せるという透き通った水を見ていると、この世のものとは、にわかに信じられません。

ダイバー憧れのダイビングスポット!

鍾乳洞の中をダイビング

地上から見ても十分に神秘的で魅力的ですが、特筆すべきは水中です。グランセノーテはセノーテとしてはかなり大型で、実は脇にある鍾乳洞の中まで広がっていて、ダイビングができるくらいの深さがあります。 透明度の高い水に太陽の光が降り注ぎ、セノーテの中を泳ぐ魚にまで届く。地上から見るのとはまた別の感動があります。水中に太陽光が差すことで現れるオーロラのような「光のカーテン」もシュノーケリングで見ることができますよ。 さらに洞窟を潜れるダイビングのライセンスを持方はぜひダイビングしてみて。鍾乳洞の間を縫いながらさらに深く潜ることで地上から届く光も少なくなり、より一層神秘的な光景を見ることができます。

グランセノーテへのアクセス

カンクン ビーチ

グランセノーテ観光の拠点となる都市はカンクンです。カンクンから車で1時間半から2時間程度の距離です。カンクンからは日帰りツアーも出ていて、中には近隣の遺跡もまわるコースもあるので個人でのアクセスに不安があるなら検討してみるといいでしょう。

個人で行くならカンクンからバスに乗り約2時間、トゥルムで下車。そこからタクシーで約10分、グランセノーテに到着です。

訪れる時間は開園直後がおすすめ。まだ人が少なく、何より、光のカーテンが見られるのは朝だけなのだそう。シュノーケリング道具は現地でレンタルできるので手ぶらでOK!園内では軽食の販売はありますが、レストランはないのでご承知おきくださいね。

■グランセノーテ
住所
Quintana Roo 109, Tulum
営業時間
10:00~17:00
入場料
25アメリカドル
定休日
電話番号
+52 998 980 0332

実際に訪れると、想像以上の神秘的なムードと絶景に圧倒されることでしょう。カンクンといえばマリンリゾートが有名ですが、少し足を延ばして内陸にあるグランセノーテにもぜひ行ってみてくださいね!

※情報は記事公開日時点のものになります。