岐阜県の隠れた観光スポット!?世界最大級の“淡水魚園水族館”「アクア・トトぎふ」が面白い!

「アクア・トトぎふ」は岐阜県各務原(かがみがはら)市にある世界最大級の淡水魚水族館。4階建ての館内に暮らす生物は、植物も合わせると約250種類に及びます。「河川環境楽園」という公園の中にあり、周辺には水族館と合わせて楽しめるスポットも!

アクア・トトぎふってどんなところ?

アクア・トトぎふ 外観
写真提供:アクア・トトぎふ

水を意味する「アクア」に幼児言葉で魚を意味する「トト」を組みわせた親しみやすくて可愛らしいネーミング。しかし館内の展示はかなり本格的です。岐阜だけでなく世界の河川環境が再現されていて、地元長良川をメインにメコン川、アマゾン川などで生息する生き物に会えます。身近な魚やユニークな形の魚が美しい水槽を泳ぐ姿に癒されますよ。
環境学習の場として、また地域交流の拠点となるように設計されているので、子どもから大人まで楽しめるのも嬉しいところ。エサやり体験などイベントも充実しています。

アクア・トトぎふの見どころ!

アクア・トトぎふ ピラルクー
写真提供:アクア・トトぎふ

見どころは長良川の源流から河口の展示です。自然光が降り注ぐ4階には源流の滝や渓谷が再現され、澄んだ流れにアマゴなどが泳ぎます。
3階に登場するのは上流から河口に生息する生き物たち。日本の原風景を彩り、今では絶滅が心配されるハリヨもいますよ。
2階と1階では海外の大河にスポットを当て、アジアのメコン川にいるメコンオオナマズやアフリカのコンゴ川にいるタイガーフィッシュなど、珍しい魚がいっぱいです。中でも、南米のアマゾン川に暮らすピラルクーは大きいものだと4mにもなる巨大な魚。「生きた化石」と言われる神秘的な姿を是非ご覧ください!

アクア・トトぎふのアクセスや割引情報

アクア・トトぎふ 3階
写真提供:アクア・トトぎふ

アクア・トトぎふのある「河川環境楽園」は東海北陸自動車道の川島PA・ハイウェイオアシスに隣接していて、高速道路を下りずにアクセスすることができます。もちろん一般道からも入れますよ。
名古屋駅から電車で行く場合はJR東海道本線に乗り「岐阜駅」まで快速で約18分。下車後岐阜バスに乗り約33分で到着です。
2回分の入館料金で一年間何度でも入館できる年間パスポートがおすすめです。割引特典もあり、同伴者の入館料が10%オフになったり、レストランでお食事するとソフトドリンクが無料になります!

アクア・トトぎふを楽しんだ後は…「河川環境楽園」にあるお楽しみスポット

オアシスパーク 園内水路 観覧車
写真提供:アクア・トトぎふ

周辺には水遊びができる「木曽川水園」や、観覧車が目印の「オアシスパーク」というレジャー施設があります。オアシスパークには手ぶらでバーベキューができる「BBQ キャンバス」や全長65mの「さかなの遊具」、迷路や謎解きアトラクションなど楽しいスポットが満載。他にも岐阜県のご当地グルメを味わえるフードコートや屋台村、焼きたてパンのパン屋さんもあり、お腹も満足すること間違いなしです。水路にはビオトープが設けられているほか、のんびりお散歩もできますよ。

海の生き物のイメージが強い水族館ですが、身近な“川”に着目した淡水魚水族館だからこそ新たな発見があるかもしれません。「アクア・トトぎふ」と周辺のスポットで川と岐阜を楽しみつくしましょう。

■世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
住所
岐阜県各務原市川島笠田町1453
入館料金
大人/1,500円 中高生/1,100円 小学生/750円 幼児(3歳以上)/370円
年間パスポート
大人/3,000円 中高生/2,200円 小学生/1,500円 幼児(3歳以上)/740円
営業時間
平日/9:30~17:00 (最終入館16:00)土、日曜日、祝日/9:30~18:00(最終入館17:00)
定休日
<平成30年度>12月10日、1月15日、2月12日、3月11日
電話番号
0586-89-8200

※情報は記事公開日時点のものになります。